ガール

ガール

奥田英朗「ガール」を読んだ。

ずいぶん図書館の予約で待たされた。やっと読めた。
楽しみにしていたし、あっという間に読んでしまい少し悲しいくらいだった。

 
奥田英朗は、ほとんど読んでしまった。どうしたらいいのだろう。

 
あ、「ガール」ですが、とても面白かった。「マドンナ」と対をなす形だと思う。(どちらも面白い)
なんか難しいこと考えなくてすむし面白いし、世の中の本という本は、こういうのを見習えばいいのである。

言い過ぎか。

 
でも、普通に人に薦められる本てのも、そうはない。
これは面白い。

 

ガール
奥田 英朗

マドンナ 町長選挙 空中ブランコ ララピポ サウス・バウンド
by G-Tools

 

関連記事

パレード 吉田修一「パレード」を読んだ。 面白かった。 ちょっと非現実的な設定だけど、いかにもそれっぽく話が進んで、それが心地よいというか興味深く楽しめた...
チルドレン 伊坂幸太郎「チルドレン」を読んだ。 面白かった。あっぱれだった。 二つの時間軸での短編集。なんか繋がってる。 陣内 というキャラクター...
明日の記憶 荻原浩「明日の記憶」を読んだ。 若年性アルツハイマーと闘う家族の物語。 追体験っていうんでしょうか、読んでてちょっと苦しくなる。自分にこんなこと...
オリンピックの身代金 奥田英朗「オリンピックの身代金」を読んだ。 一気に読んでしまった。 どんでん返しとかはない。直球で良質。 これは映画化を意識してるんだろうなあ...
松本清張全集10 松本清張全集10「黒の図説」を読んだ。 黒の…ばっかりだ。また短編集。 ・速力の告発 ・分離の時間 ・鴎外の婢 ・書道教授 ・六畳の...
容疑者Xの献身 「容疑者Xの献身」を観た。 邦画を観るのって何年ぶりなんだろう。 この前、テレビでこの作品を上映していて、ついついちょいちょい見てしまい...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です