ボヴァリー夫人とパン屋

ボヴァリー夫人とパン屋

「ボヴァリー夫人とパン屋」を観た。

Gemma Bovery

ジェマ・アータートン主演のドラマ+コメディ+やや官能。
どちらかというとジェマ・アータートンは出演作のたびにジャンルが大幅に変わり、いったいどういう方向に行きたいのか模索してるかのようである。近作「アンコール!!」では魅力たっぷりでした。

パン屋が主人公で、隣にボヴァリー夫婦が引っ越してくる。まるでボヴァリー夫人じゃないかと色めき立つパン屋。ジェマ・アータートン(がボヴァリー夫人)は旦那がいながら、近くの若い男との肉欲に溺れる。それを危なっかし気に観察するパン屋。

もともと有名な文学「ボヴァリー夫人」を入れ子にした作品が原作となっている。もっとも「ボヴァリー夫人」は未読でして、本来ならば既読ならもっと楽しみがあったのかもしれない。
ジェマ・アータートンは若い男に対して本能が全開になっていく(そもそも、やや奔放な性格でもあった)ところが何とも刺激的である。決して子供たちとは一緒に観られない作品です。

傍観する立場のパン屋がとても良かった。そのパン屋の魂胆をあっさり見抜くパン屋の妻がさらに良かった。
まあジェマ・アータートンが好きなら観たほうがいいでしょう。

関連記事

偽りなき者 「偽りなき者」を観た。 デンマークの映画。主演のMads Mikkelsenは「カジノ・ロワイヤル」の悪役を演じたデンマーク俳優で、きっと...
デイ・アフター・トゥモロー 「デイ・アフター・トゥモロー」を観た。 10年くらい前に一度観てる。 気合の入った映画だったが、そんなに面白くなかったかな…というのが前...
灼熱の魂 「灼熱の魂」を観た。 重い。重すぎる。 しかし力作。凄い映画でした。 2010年のカナダ映画。アカデミー外国映画賞にもノミネート。...
ザ・ファイター 「ザ・ファイター」を観た。 以前に一度観ている。 その際にも書いているが、今回もう一度観たくなったのはクリスチャン・ベールの戦術でマーク...
ハッピーエンドが書けるまで 「ハッピーエンドが書けるまで」を観た。 主演はグレッグ・キニアとリリー・コリンズだろうか。 グレッグ・キニアが安定した生活が出来ている作...
サラマンダー 「サラマンダー」を観た。 2002年の映画。主演はクリスチャン・ベール。共演にマシュー・マコノヒー、ジェラルド・バトラー、イザベラ・スコル...