ちょいな人々

ちょいな人々

荻原浩「ちょいな人々」を読んだ。

短編集。
ほのぼの人間模様。軽いなあ。あっという間もなく読み終わったよ。

全体的にほのぼのしてる。
なぜか清水義範の作風を思い出した。なぜだろう。軽く笑いを取ろうとしてるのが、あざといからか?

暇つぶしにはなる…が、そんなに笑えない。荻原浩って、明るいのから暗いのまで器用に書くと思う。
打率も高いと思うが、これはちょっと…だった。

「明日の記憶」と同じ作者とは思えない。

 
とにかく軽かった。
文庫本で、しかもブックオフとかで100円で買って、新幹線の中で読むなら…ちょうど良いのかも。

 

関連記事

2007年上半期に読んだ本 忘れてたが、2007年1月?6月に読んだ小説。   吉田修一「悪人」 吉田修一「女たちは二度遊ぶ」 吉田修一「ランドマーク」 奥田英朗「家日和...
明日の記憶 荻原浩「明日の記憶」を読んだ。 若年性アルツハイマーと闘う家族の物語。 追体験っていうんでしょうか、読んでてちょっと苦しくなる。自分にこんなこと...
神様からひと言 荻原浩「神様からひと言」を読んだ。 以前に読んだ作品で「この人はもういいかなあ」と思っていたんだけど、書店でずいぶんイチオシという感じで平積みにな...
ハードボイルド・エッグ 荻原浩「ハードボイルド・エッグ」を読んだ。 さえないハードボイルド物語。もうそんな感じ。これでほぼ概要。 荻原浩テイストが確かに。ちょっと面...
荻原浩「噂」を読んだ。 タイトルがいけてない。まあそれはともかく、話は普通な感じ。たくさん本を読んでる人ほど、物足りなさを覚えるのではないだろうか...
オロロ畑でつかまえて 荻原浩「オロロ畑でつかまえて」を読んだ。 また荻原浩。なんか最近この人ばっかりだな。 なんでって、いや別に特別に面白いというわけでもないんだが、...