ちょいな人々

ちょいな人々

荻原浩「ちょいな人々」を読んだ。

短編集。
ほのぼの人間模様。軽いなあ。あっという間もなく読み終わったよ。

全体的にほのぼのしてる。
なぜか清水義範の作風を思い出した。なぜだろう。軽く笑いを取ろうとしてるのが、あざといからか?

暇つぶしにはなる…が、そんなに笑えない。荻原浩って、明るいのから暗いのまで器用に書くと思う。
打率も高いと思うが、これはちょっと…だった。

「明日の記憶」と同じ作者とは思えない。

 
とにかく軽かった。
文庫本で、しかもブックオフとかで100円で買って、新幹線の中で読むなら…ちょうど良いのかも。

 

関連記事

愛しの座敷わらし 荻原浩「愛しの座敷わらし」を読んだ。 地方に左遷されたサラリーマンとその家族の話。 住まいをとってもとっても不便な古民家にして、家族は引越してく...
ビター・ブラッド 雫井脩介「ビター・ブラッド」を読んだ。 実に、実に、雫井脩介っぽくない作品だった。 刑事小説というか警察小説というか、何ていうんだろうデカ・ザ・...
さよなら、そしてこんにちは 荻原浩「さよなら、そしてこんにちは」を読んだ。 短編集。 いろんな職業の人間模様。 つまらなくはないけど、突出して面白いのもない。 ...
ハードボイルド・エッグ 荻原浩「ハードボイルド・エッグ」を読んだ。 さえないハードボイルド物語。もうそんな感じ。これでほぼ概要。 荻原浩テイストが確かに。ちょっと面...
メリーゴーランド 荻原浩「メリーゴーランド」を読んだ。 なんだかんだ言って荻原浩を読みまくっているな。 不思議だが…なんだろう。正直、傑作ぞろいだとは思わないけれ...
神様からひと言 荻原浩「神様からひと言」を読んだ。 以前に読んだ作品で「この人はもういいかなあ」と思っていたんだけど、書店でずいぶんイチオシという感じで平積みにな...