はじめてわかる国語

4062752727.01.LZZZZZZZ.jpg

清水義範+西原理恵子「はじめてわかる国語」を読んだ。
(すごい表紙だな。ぜんぜん意味がわからない)

シリーズ第6弾。よく続くなあ。
面白いとは思う・・・が、理科と社会に比べるとね。読み応えはそんなになかった。

ただ、西原理恵子の挿絵は格段にパワーアップしている印象がある。
もう完全に本文を無視して素晴らしい構図になっています。

このシリーズをまだ読んだことないなら、理科か社会をぜひ。

 

おもしろくても理科
清水 義範 西原 理恵子

もっとおもしろくても理科 どうころんでも社会科 いやでも楽しめる算数 もっとどうころんでも社会科 はじめてわかる国語
by G-Tools

関連記事

ああ知らなんだこんな世界史 清水義範「ああ知らなんだこんな世界史」を読んだ。 図書館で検索したときに見つけて、おお新作か!?とすぐさま予約し、借りたときに表紙を見て「?」 ...
独断流「読書」必勝法 清水義範+西原理恵子「独断流『読書』必勝法」を読んだ。 またこのコンビ。 どんどん相乗効果が薄れていってる二人組という認識だ(大半は清水義範の筆...
サイエンス言誤学 清水義範「サイエンス言誤学」を読んだ。 うーむ… 「飛びすぎる教室」アウトテイクって感じ。   軽ーいエッセイ調で、ちょっとした話がずら...
迷宮 清水義範「迷宮」を読了。 この人がこういう話を書くとは意外な感じがした。 でも、「青山物語」とかで小説家を志して作風で悩む姿を見るにつけ、やはり、こ...
雑学のすすめ 清水義範「雑学のすすめ」を読んだ。 いつものコンビ。 今度は雑学か…ベテランがブームに乗っかかるとは。 読んでみてすぐに思ったのは、なんか...
飛びすぎる教室 清水義範「飛びすぎる教室」を読んだ。 清水義範と西原理恵子のコンビ作では最終作…?なんでしょうか。 雑談ぽくいろんなテーマを雑多にやる、という感...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です