マイアミ・バイス

「マイアミ・バイス」を観た。

あんまり話題にならなかったような…なぜでしょう。
マイケル・マンの映画である。良くも悪くも、マイケル・マン臭がぷんぷん。やたらと登場人物が多く、なーんとなく遠くにBGMが聞こえて、シーンごとに色がついてて、しょっちゅう手ブレなカメラで、そして銃撃シーンはリアリズムで。

不思議なもんだが、のっけから「ああ、マイケル・マンの映画だなあ」と安心してしまうのである。

 
好きなのかもしれない。
面白いかっていうと微妙だし、あんまお薦めするほどでもない。まあ「ヒート」で大甘になっちまってるからなあ…仕方ないのか。

しかしジェイミー・フォックス(アカデミー賞を受賞後ですか、これは)の、人質奪還シーンは素晴らしかった。
実に映画的でした。あそこはお薦めできる。マイケル・マン・ミーツ・ハリウッド。

 
それにしてもあんま話題にならなかったな。気の毒なくらい。

 

マイアミ・バイス (ユニバーサル・ザ・ベスト第8弾)
コリン・ファレル.ジェイミー・フォックス.コン・リー マイケル・マン

ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT  (ユニバーサル・ザ・ベスト第8弾) ユナイテッド93  (ユニバーサル・ザ・ベスト第8弾) ファイヤーウォール 特別版 インサイド・マン ザ・センチネル 陰謀の星条旗 (ベストヒット・セレクション)
by G-Tools

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です