今頃だが「ゼルダの伝説 ムジュラの仮面」をクリア。

ニンテンドー64版をバーチャルコンソールでプレイした。

元はといえば、「スカイウォードソード」をクリアした際、これは「トワイライトプリンセス」の方が良かったなあと思って、それを再確認するために「トワイライトプリンセス」の三度目のクリアをした。その際に今度は「時のオカリナ」も良かったよなあと思って、また再確認するために「時のオカリナ」もクリアしたのだ。
そして、実は俺は「ムジュラの仮面」はクリアしていなかったことを思い出し、今度こそはと挑んだわけである。(当時、ニンテンドー64もムジュラも持っていたが、あまりプレイせずどこかに行ってしまった)

仮面もお面も全て集めたし、ハートのかけらもほとんど収集。Cアイテムはもちろん全て集めてて、ほぼコンプリートではないかと思う。
当時は「何か面倒なシステムだなあ」と思い敬遠してしまったムジュラだ。今回も自力ではクリアできなかっただろうなというポイントがいくつかあった。

3日間システムは当時も今も斬新なシステムだ。こんなゲームは他にあるんだろうか?舞台となる街に月が落下してきていて、3日経つとゲームオーバーになる。だからギリギリでもいつでもいいが「時の歌」を奏でることで最初の日に戻れるという趣向だ。
最初の日に戻ると、それまでやったことは全て元に戻る。Cアイテムは消えないが、消費アイテムはゼロになる。財布もゼロに戻るので銀行に貯金する必要がある。イベントは全て元通り。倒したボスも元通り。ダンジョンの小さな鍵も当然元通り。とても斬新だが、とても面倒くさいポイントでもある。
ダンジョンやはぐれ妖精収集などは途中でやめると何の意味もなくなるので、一気に進める必要がある。後半のダンジョンは結構凝った構成。煮詰まっても「ここで最初の日に戻ってしまうと意味がない…」という焦りが加わる。

必然的にスピーディに進めることになる。他にないプレイスタイルを強いるゲームだが、それはそれで斬新だ。結構エキサイティングな内容。最後の盛り上がりは「時のオカリナ」のほうが良かったかも。でも、「あと5分で月が落ちる!」とかの演出は相当のものだ。子供も食いついていた。

そうだなあ…「時のオカリナ」と比べると、こちらの方が中身は濃いがマニア向けだなと感じた。どちらも面白さは保証という感じか。