光源

光源

桐野夏生「光源」を読んだ。

ある映画を作る現場のドタバタ。何人かの思惑とかが絡みあう。

最近の、読み応えがあるものとは違うなと感じた。
軽いわりには読みにくい。引っかかる感じがある。

誰が主人公なのか、はっきりさせてない。
撮影監督、制作、監督、主演男優、主演女優などが各々の立場で勝手に行動。

どうなればゴールなのかわかりにくく、しかもゴールになんか辿りつかない。
正直、読み終わるころには戸惑いがあった。「あれ?映画完成しないの」

 
それが、当時は粋だったりしたのかもしれないですけどね。
今読んでみると、映画が完成しないせいで、ちっとも面白くないのだな。

どっちかというと、小林信彦「夢の砦」のようなものを期待していた。
なのでちょっと残念。
 

関連記事

2008年下半期に読んだ本と、2008年のベスト... 2008年の下半期に読んだ本と、上半期をあわせて一番面白かった本は。 いつも通り、対象となるのは7月-12月に読んだ本で、小説。 石持浅海「ガーディアン...
顔に降りかかる雨 桐野夏生「顔に降りかかる雨」を読んだ。 乱歩賞受賞作。 ということで、かなり初期のものだろう。 なんといいますか、実に乱歩賞なのです。これ...
メタボラ 桐野夏生「メタボラ」を読んだ。 いや面白かった。 最後のほう、あれ?って感じにもなったけど、それでも全編夢中になって読んだ。 沖縄で記憶喪...
玉蘭 桐野夏生「玉蘭」を読んだ。 なんか桐野夏生ってたくさん読んでみたいとは思ってるんだけど、軽い読み物に慣れてしまった体質には厳しいものがあり、今回は...
I’m sorry, mama 桐野夏生「I'm sorry, mama」を読んだ。 なかなか面白かった。 最後のほうめちゃくちゃだったけど。 置屋に生まれて、誰が親だか...
錆びる心 桐野夏生「錆びる心」を読んだ。 短編集。そんなまとまりは無い。 桐野夏生ってそんな読んでるわけじゃないし、めちゃくちゃ好きってわけでもないかな。...