ハイ・フィデリティ

ハイ・フィデリティ

「ハイ・フィデリティ」を観た。

しがないレコード屋をやっているジョン・キューザックが彼女に捨てられてウダウダして、これまで付き合った女の人たちに会いに行ったり、彼女に未練たらたらで、浮気もしたり、とにかくグダグダな約2時間。

グダグダ音楽を聴いたりセックスのことばかり考えたり、とても非生産なジョン・キューザックにつきあわされる。結構きつい。
正直、早い段階で眠くなった。頑張って最後まで観ましたが、ティム・ロビンスがゲストっぽく変態な演技をときおり披露してるところとか、キャサリン・ゼタ=ジョーンズ(だぶんゲスト?)が出てくるところとか、ときおり観てられる箇所以外は、本当に退屈だったなあと。

ジャック・ブラックのああいう使い方はもったいない、そんな感じ。

関連記事

シャーク・テイル 「シャーク・テイル」を観た。 初めて観た。ああ、こういう話だったのですか。なんかシャーク・テイルっていうから、心の優しいサメが主人公で、そ...
マーゴット・ウェディング 「マーゴット・ウェディング」を観た。 ニコール・キッドマン、ジャック・ブラック、ジェニファー・ジェイソン・リー、ジョン・タトゥーロ。 なんか期待...
ターミナル 「ターミナル」を観た。 2004年の作品。スピルバーグ監督+トム・ハンクスのコラボだ。以前にも観たことあり。 共演はキャサリン・ゼタ=ジ...
マルコヴィッチの穴 GWだからではないが、映画を観る。ビデオだが。 「マン・オン・ザ・ムーン」を観る。面白かった。ジム・キャリーうまい。 「キッド」を観る。普通。 ...
幸せのレシピ 「幸せのレシピ」を観た。 キャサリン・ゼタ=ジョーンズと、アーロン・エッカート。 こういうのも、たまには良い…良いのか?   キャサリン...
スパイ・コード 殺しのナンバー 「スパイ・コード 殺しのナンバー」を観た。 ジョン・キューザック、マリン・アッカーマンというキャスト。ほぼ二人しか出てこない。CIA内での...