ハイ・フィデリティ

ハイ・フィデリティ

「ハイ・フィデリティ」を観た。

しがないレコード屋をやっているジョン・キューザックが彼女に捨てられてウダウダして、これまで付き合った女の人たちに会いに行ったり、彼女に未練たらたらで、浮気もしたり、とにかくグダグダな約2時間。

グダグダ音楽を聴いたりセックスのことばかり考えたり、とても非生産なジョン・キューザックにつきあわされる。結構きつい。
正直、早い段階で眠くなった。頑張って最後まで観ましたが、ティム・ロビンスがゲストっぽく変態な演技をときおり披露してるところとか、キャサリン・ゼタ=ジョーンズ(だぶんゲスト?)が出てくるところとか、ときおり観てられる箇所以外は、本当に退屈だったなあと。

ジャック・ブラックのああいう使い方はもったいない、そんな感じ。

関連記事

さよなら。いつかわかること 「さよなら。いつかわかること」を観た。 ジョン・キューザック主演。なんと音楽をクリント・イーストウッドが担当しているということだ。なんで監...
ペーパーボーイ 真夏の引力 「ペーパーボーイ 真夏の引力」を観た。 ニコール・キッドマン、マシュー・マコノヒー、ジョン・キューザック、スコット・グレン、あと主役はザッ...
トラフィック 「トラフィック」を観た。 はじめて観た。 なんの前情報もなし。 麻薬撲滅の話ですか…ピンとこねえ。 銃社会で、麻薬は撲滅しようと...
エネミー・オブ・アメリカ 「エネミー・オブ・アメリカ」を観た。 もう何度観たかわからない。といっても10回くらいだろうか。 好きな映画。エンタメとして適切なテンポ...
ガリバー旅行記 「ガリバー旅行記」を観た。 スウィフトの原作がモチーフだが、なんか舞台は現代だし、ロボットぽいのも出てくるし、わりと自由に脚色されてる感じ...
2012 「2012」を観た。 随分前に一度観ている。今回は子供と観た。 二時間半以上ある大作。ローランド・エメリッヒによるザ・エンターテインメン...