28日後...

「28日後…」を観た。

嫁曰く、一度観たことある映画らしい。が、俺はまったく覚えてない。本当に観たんだろうか…?

自分の記憶力の曖昧さにちょっと考えこんでしまったが、それだけインパクトの無い映画だったに違いないと、自分を納得させる。

 
ダニー・ボイル監督作…ああそうか、「サンシャイン2057」か。あれは良かった。「トレインスポッティング」は…観たのかなあ。
嫁曰く、それも観たらしい。本当か?

 
さて「28日後…」だが、結構有名作ですよね。終末というかバイオハザード。パニック映画。ホラーサスペンス。

観てて「あーこんな映画だったっけか」と思うこともあったが、後半なんかかなり忘れていた。そうかそうかそういう展開か。

 
主演の人、Cillian Murphyって人。どこかで観たことあると思ったら、あー「パニック・フライト」の人ですか。なるほど。あ!「サンシャイン2057」か!そうかそうか。
随分と眠そうな目をした人ですね。

 
話なんだが、前半のなんだかよくわからないが人々が消えて不思議な雰囲気が出来て、でゾンビみたいな感染者?がわらわらっと出てきて、あいつらはえらく足が速いんで気持ち悪いんだが、そういう、前半の頑張ってたところが後半になると思いっきり崩れてしまったのが印象的だったな。

その崩れっぷりは気持ちいいくらい。
脚本に悪意を感じた。

どうして後半はこんなことになるんでしょうってくらい、適当な終わり方だった。

 
そして、あえて狙ったぽい画質の悪さ。これはビデオムービーですか?
ちゃっちい画。

 
最後は綺麗に終わってめでたし。
パニックに説明をつけようとしないのは、ちょうどいい感じだったけど。