エネミー・オブ・アメリカ

「エネミー・オブ・アメリカ」を観た。

もう何度も観てる。今回は子供と観た。
ウィル・スミス主演。出演はジーン・ハックマン、ジョン・ヴォイト、ローレン・ディーン、バリー・ペッパー、ガブリエル・バーン、ジャック・ブラック、そしてトム・サイズモア。

1998年の作品である。けっこう前だ。しかしトニー・スコットのガチャガチャした演出は絶好調である。
鳥観察の男が追跡される序盤や、ウィル・スミスがガブリエル・バーンに接触するところ、ビル爆発など見どころ満載。恐ろしい盗聴の世界。でも話はわかりやすくテンポも良い。
最後の最後でうまく繋がるところが本当に素晴らしい。

何度も観てるけれど飽きない。今後も何度も観るのだろうなあ。

関連記事

プライマー 「プライマー」を観た。 有名タイトル?ではないと思うが… 2004年のサンダンス映画祭で脚光を浴びたSFサスペンス。若きエンジニアふたりが研...
ドリームハウス 「ドリームハウス」を観た。 ダニエル・クレイグ、レイチェル・ワイズ、ナオミ・ワッツのスリラー。というかミステリー。 なかなか変わった作品...
M:i:III 「M:i:III」をまた観た。 ついこの間に観たばかりって感じなんだが、先日「ミッション:インポッシブル」を子供たちと観たとき、子供たちは...
暴走特急 「暴走特急」を観た。 久しぶりに観たと思う。今回は子供たちと観た。 スティーブン・セガール主演の1992年の作品「沈黙の戦艦」がヒッ...
みんな元気 「みんな元気」を観た。 リメイクなんですね。オリジナルは観たことがない。 ロバート・デ・ニーロが親で、子供たちはケイト・ベッキンセールと...
イーグル・アイ 「イーグル・アイ」を観た。 この前観たんだが、また観た。 どうも最近昔のアカデミー賞ものとか開拓していると、少し疲れてきて「ああ、なんか何も考え...