スキップ

北村薫「スキップ」を読んだ。

どこだったかで北村薫が面白いというのを知って(つまり、これまで読んだことはない)。
貪欲に新しいところを開拓していかないと、読む本が松本清張全集ばかりになってしまいそうで辛い。

 
まあ…帯文のまんまだが、17歳の女子高生だった主人公が、目が覚めると42歳になってたという話。すでに結婚していて旦那も子供もいて、子供はこれまた17歳の女子高生。

決して妄想ではないということを必死で説明して家族に理解してもらって、そこらへん(まだ序盤)あたりまで、ちょっとしたミステリー風でして、ここからどう展開していくんだろうと面白かったんだが。

 
まあ楽しめたのはそこまで。

 
そこからは、42歳の自分が先生だったことを知って、普通に振舞うために頑張るわけだ。ばれないために勉強して、楽しい授業とクラブ活動と文化祭…
もうここらへんになると、序盤との違和感がありまくりだった。

ミステリーを期待したのがいけなかったのでしょうか。普通の教師びんびん物語を俺はどうして読まないといけないのだろう、と、そんなことばかり考えてしまいましたよ。

 
総じて微妙。
もう一つくらい読んでみないとわからないのかもしれない…