デュエット

「デュエット」を観た。

これは掘り出し物だった。良かった。
ヒューイ・ルイス、グウィネス・パルトロウ、ポール・ジアマッティ、マリア・ベロ、Andre Braugherなどのカラオケ・アンサンブルとでもいうべき映画である。カラオケ愛ががっつり伝わってくるような映画。監督はブルース・パルトロウであり、これはグウィネス・パルトロウの父だ。この後しばらくして亡くなっていて、もう故人である。

なんかカラオケブームのカルチャー・ムービーというやつなのか、Shall We Dance?みたいな感じ。つまりその道に情熱をあげる人々の人生模様みたいな。しょうがないんだよ好きなんだから…みたいな。

カラオケバーでは賞金があって、どういう選考基準なのかは曖昧ではあるが、ともかく優勝すると賞金がもらえる仕組みになってる。人々はカラオケバーを巡り、賞金稼ぎをやるわけだ。

何にしても熱く歌い上げるパフォーマンスは胸を打つものがあるのだ。特にポール・ジアマッティとAndre Braugherによるパフォーマンスは最高だ。

ただしDVD解説によると、Andre Braugherの歌声は吹き替えだそうだが。
ここに限らず、カラオケシーンはどれも観てて気持ちの良いものだ。やっぱりプロというべきか、ヒューイ・ルイスが別格すぎる。他の人もそれなりに上手いけど、ヒューイ・ルイスの歌声ってなんか別次元ですね。もし仮にこんな人がそのへんのカラオケに登場したらザワザワするだろうなあと。

 
面白かったですよ。おすすめ。カラオケ行きたくなるに違いない。

 

デュエット [DVD]

デュエット [DVD]
Duets (2000 Film) 抱擁 [DVD] ハッピー・フライト スペシャル・エディション [DVD]
by G-Tools