松本清張全集18

松本清張全集18

松本清張全集18「波の塔」を読んだ。

これは何というか、ドラマのノベライズのようだった。もしかしたら読んだことがなかったのかもしれない。

ミステリでも何でもない。これといった謎もなく、もちろん殺人事件もない。
終盤でドラマ的な場面が用意されている。おそらくそこをやりたかったのだろうと思える作劇。

 
若い男がいて、人妻がいて、それで人妻の旦那がいて。
まあそれで時代なのか、もどかしい展開が続き(これがもうとんでもないボリュームなのです。連載小説だからだろうか、とめどないのです)

 
1959年?「女性自身」にて連載。1960年に出版、同年に映画化、1961年にドラマ化。
すごいね。勢いが。

 
当時だからこそ、読者の共感を得たのでしょう。
今これを読んで、とても面白いかというと、正直そういうことはない。

 
そういえば2006年の暮れにドラマ化されていたのは、この「波の塔」だったのか。そうかそうか。

麻生祐未だったな…

 
波の塔 [DVD]

波の塔 [DVD]
黒の奔流 [DVD] 点と線 [DVD] 松本清張傑作映画ベスト10 7 わるいやつら (DVD BOOK 松本清張傑作映画ベスト10) 稲妻 [DVD] 黒い画集 ある遭難 [DVD]
by G-Tools

関連記事

追憶のかけら 貫井徳郎「追憶のかけら」を読んだ。 最後はちょっと雑な印象もあるが、全般的に力作。あっという間に読み進めた。 途中のボリュームのある手記がすごい...
松本清張全集1 「松本清張全集1」を読んだ。 収録されているのは「点と線」「時間の習俗」「影の車」である。 「点と線」「時間の習俗」それぞれ、アリバイトリックも...
松本清張全集6 「松本清張全集6 球形の荒野/死の枝」を読んだ。 「球形の荒野」は、なかなか良かった。「死の枝」は、まあまあ良かった。 という感じでしょうか。 ...
松本清張全集3 松本清張全集3「ゼロの焦点・Dの複合」を読んだ。 「ゼロの焦点」「Dの複合」どちらも長編といってもいいボリューム、が二つ入っている。 それなりに...
天才画の女 松本清張「天才画の女」を読了。 そんなに格別面白いわけでもなかったけど、すいすい読めた。それはよかった。 主人公は「天才画の女」ではない。さらに...
松本清張全集2 松本清張全集2「眼の壁・絢爛たる流離」を読んだ。 阿刀田高の松本清張セレクションを読もうかと思ったが、松本清張全集があるのを見つけてしまったのだ。...