元職員

元職員

吉田修一「元職員」を読んだ。

なんかハイペースすぎやしないか、吉田修一。
どれもこれも嫌いじゃないが、中篇で薄いというか…分厚いのが読みたくもある。

 
バンコクで気ままに旅行する男。
日本人が金をばらまいて好き勝手して、現地の人との緊張感もあって、それで男は公金を横領した元職員だったと。

金で買われるミントって女性のキャラが全く立ってなくて、そこらへんから「ああこれは面白いかもしれないけど、面白いってわけじゃないんだろうなあ」とか、そんなことを思った。

ほんと途中から始まって途中で終わるので、実に短編という感じでして、短編として読むなら雰囲気も良いし、そんなに難はないな。

ここんとこ数冊どれもこんな感じだ。まとめて分厚いので出してくれよという気がしないでもない。

 

関連記事

2009年下半期に読んだ本と、2009年のベスト... 2009年の下半期に読んだ本と、上半期をあわせて一番面白かった本は。 いつも通り、対象となるのは7月-12月に読んだ本で、小説。 吉田修一「横道世之介」...
最後の息子 吉田修一「最後の息子」を読んだ。 短編集。「最後の息子」「破片」「Water」をおさめる。 どれもさらっと読める短編。 なにげなく関連する...
初恋温泉 吉田修一「初恋温泉」を読んだ。 この作者の本には基本的に外れが少ないと思う。 これもさらっと読める軽いものだったけど、良い作品でした。 い...
東京湾景 吉田修一「東京湾景」を読んだ。 なんかドラマっぽい展開だなあ。ドラマになりやすそうだなあ、と思いながら読み終えた。 あ、ドラマになってるんですか...
パレード 吉田修一「パレード」を読んだ。 面白かった。 ちょっと非現実的な設定だけど、いかにもそれっぽく話が進んで、それが心地よいというか興味深く楽しめた...
日曜日たち 吉田修一「日曜日たち」を読んだ。 面白かった。読んでよかった。 連作短編。なんてことない日常が綴られてなんてことなく話は進行する。軽いんだが、読...