元職員

元職員

吉田修一「元職員」を読んだ。

なんかハイペースすぎやしないか、吉田修一。
どれもこれも嫌いじゃないが、中篇で薄いというか…分厚いのが読みたくもある。

 
バンコクで気ままに旅行する男。
日本人が金をばらまいて好き勝手して、現地の人との緊張感もあって、それで男は公金を横領した元職員だったと。

金で買われるミントって女性のキャラが全く立ってなくて、そこらへんから「ああこれは面白いかもしれないけど、面白いってわけじゃないんだろうなあ」とか、そんなことを思った。

ほんと途中から始まって途中で終わるので、実に短編という感じでして、短編として読むなら雰囲気も良いし、そんなに難はないな。

ここんとこ数冊どれもこんな感じだ。まとめて分厚いので出してくれよという気がしないでもない。

 

関連記事

最後の息子 吉田修一「最後の息子」を読んだ。 短編集。「最後の息子」「破片」「Water」をおさめる。 どれもさらっと読める短編。 なにげなく関連する...
悪人 吉田修一「悪人」を読んだ。 出会い系サイトで知り合った女性を殺害した男が、これまた別の女性と逃避行して。その女性にとって、犯人の男は「悪人」だろう...
東京湾景 吉田修一「東京湾景」を読んだ。 なんかドラマっぽい展開だなあ。ドラマになりやすそうだなあ、と思いながら読み終えた。 あ、ドラマになってるんですか...
ひなた 吉田修一「ひなた」を読んだ。 何人かの男女の、春夏秋冬の物語。 面白くなりそうなもんだが…(伊坂幸太郎「砂漠」は面白かったなあ) 普通…か...
2008年下半期に読んだ本と、2008年のベスト... 2008年の下半期に読んだ本と、上半期をあわせて一番面白かった本は。 いつも通り、対象となるのは7月-12月に読んだ本で、小説。 石持浅海「ガーディアン...
キャンセルされた街の案内 吉田修一「キャンセルされた街の案内」を読んだ。 不思議な作品だった。 短編集なんだけどとりとめもなく、アウトテイク集のような…なんか意味深いよう...