ティモシーの小さな奇跡

「ティモシーの小さな奇跡」を観た。

The Odd Life of Timothy Green

ディズニー配給の現代ファンタジードラマだ。ジェニファー・ガーナー、Joel Edgertonの夫婦には子供が恵まれず、「こんな子が欲しい」と強く願ったメモを箱に入れ、庭に埋める。大雨が降り土の中から少年が現れる。少年の足には葉っぱが生えており、誰かに幸せが訪れると葉っぱがひとつずつ散っていく。という話。

最後の一葉っぽいなーと思った。この少年の生命は有限で、いずれ別れは訪れるという前提で話がスタートしている。そのわりには悲壮感は少なく、ジェニファー・ガーナーの特異な眼力が非常に説得力溢れた感じに仕上がってた。
Joel Edgertonの父親がデヴィッド・モースで、いったいここ5年くらいの出演ペースは何だろうという中で久しぶりの大型作品に登場だ。しかし本作も日本での劇場公開はなかったようだが。

そうか、ジェニファー・ガーナーってもう40代に入っているのか。まさか「エイリアス」の頃に早々に消えていったブラッドレイ・クーパーに追い抜かれることがあろうとは思ってもいなかったのだろう。

 
ティモシーの小さな奇跡 [DVD]

ティモシーの小さな奇跡 [DVD]
ラビット・ホール [DVD] 幸せの教室 [DVD] 幸せへのキセキ [DVD] 未来を生きる君たちへ [DVD] ヘルプ ~心がつなぐストーリー~ [DVD]
by G-Tools