敬愛なるベートーベン

「敬愛なるベートーベン」を観た。

初めて観た。2006年の作品で、そう昔でもない。ダイアン・クルーガーは「ナショナル・トレジャー」の1と2の間であり、別に無名というわけでもないのだ。

エド・ハリスがベートーベン役。当然ながら髪はフサフサだ。晩年のベートーベン(ちょうど第九の作曲中)の手伝いをする女性の話。映画のなかでは旬を過ぎたベートーベンで耳もほとんど聞こえていないが、第九とその他の作品の創作を通して、ベートーベンの人間くさいところとダイアン・クルーガーの揺れ動く心をとらえたり。

ダイアン・クルーガーはその美貌も強力だが毎度色々と強烈だ。役は架空の人物らしいのだが、まあベートーベンも動揺するのは致し方ないのだろう。
エド・ハリスの髪がすごいね。まさか地毛じゃないと思うんだが、どうしてあんなに自然に見えるのか不思議だ。すごい技術だと思う。水浴びしてるしなあ。

なんだかんだ言って、第九の演奏シーンは心を動かすものがある。あの曲の凄さもあるけど、やっぱり耳がほとんど聞こえない状況でこの曲を創りあげるというのはねえ…
ダイアン・クルーガーのひたむきなサポートも胸を打つ。

とはいえ、なんでこの第九のシーンをクライマックスに持ってこないのか実に不思議。あと、冒頭の場面がどう本編に繋がるのかさっぱり不明で、そこもすっきりしないまま終わる。
最後のほうは割と尻切れで、つくづく第九をラストに持ってこなかったのが残念。もしうまく転がってたら感動的な映画になっただろうに。

 

関連記事

イングロリアス・バスターズ 「イングロリアス・バスターズ」を観た。 結構面白かった。グロい表現は人を選びそうだが、テンポよくセンスよくで、最後まで集中できた。 チャプター方...
ゼロ・グラビティ 「ゼロ・グラビティ」を観た。 ちょうど一年前に観ているわけだが、なんかむしょうに「ゼロ・グラビティ」が観たくなったのである。 やっぱ...
ゼロ・グラビティ 「ゼロ・グラビティ」を観た。 ちょうど一年前、そのまた一年前に観ている。三回目の鑑賞。こうなったら毎年観るかもなあ。 今回もやはり面...
トロイ 「トロイ」を観た。 またダイアン・クルーガーとローズ・バーンの組み合わせが。「ホワイト・ライズ」のときと役割分担も似てなくはない。 ...
ザ・ロック 「ザ・ロック」を観た。 もう何度も観てる気がする。わりと地上波放送の常連でもあるような。 1996年の作品。いまとなっては20年も前とい...
ナショナル・トレジャー2 リンカーン暗殺者の日記... 「ナショナル・トレジャー リンカーン暗殺者の日記」を観た。 前作と同様に、アメリカ版徳川埋蔵金。 大統領を誘拐したり話がますます荒唐無稽に。 ...