マーキュリー・ライジング

「マーキュリー・ライジング」を観た。

Mercury Rising

ブルース・ウィリス主演、1998年の作品だ。なんか観たことある気がしていたが、初めて観たっぽい。
国家機密の解読不可能な暗号があって、それを担当者が戯れにパズル雑誌に載せたところ、ある自閉症の子があっという間に解いてしまった。そのせいでその子が追われることとなる。そこに過去の傷が癒えないFBIのブルース・ウィリスが絡んでくる、という話。

何もしなければ問題が起きないのに勝手にトラブルを起こして少年を抹殺しようとするわけだ。設定からして無茶なところもある。ブルース・ウィリスはやはり強いので敵をどんどん始末する。ジョン・キャロル・リンチは少年の父親役だがすぐ死に、ピーター・ストーメアは組織の手先として現れるがブルース・ウィリスの前にあっさり葬られる。1998年なので「え?」っていうくらい、あっさり消える登場人物たち。
アレック・ボールドウィンは既に恰幅がよくなっている。

いかにもブルース・ウィリスものという作品。それなりのアクションシーンもありながら、どこか中途半端なドラマ性、陰謀。派手な爆発シーンが続いたりしない。しかしブルース・ウィリスの強さに安定感がありすぎて、敵にハラハラする要素なし。悪い意味でってことじゃなく、ブルース・ウィリスものっていう意味で。

自閉症の少年の演技が高く評価されたようです。が、「ギルバート・グレイプ」のレオナルド・ディカプリオより秀でているわけじゃないと思った。

 
マーキュリー・ライジング 【ブルーレイ&DVDセット 2500円】 [Blu-ray]

マーキュリー・ライジング 【ブルーレイ&DVDセット 2500円】 [Blu-ray]
インサイド・マン [Blu-ray] デイライト 【Blu-ray ベスト・ライブラリー】 キングダム 【ユニバーサル・Blu-ray disc 第1弾】 コンドル 【スタジオ・カナル・コレクション】 [Blu-ray] 47RONIN 3Dブルーレイ+ブルーレイ(「47RONIN」メインキャスト・ポストカードセット(6枚セット)付き) [Blu-ray]
by G-Tools