天使と悪魔

「天使と悪魔」を観た。

ダ・ヴィンチ・コード」の続編である。実は原作は順序が逆らしいが。主人公などの設定はそのままに、またもやトム・ハンクスが変な髪形で登場。

そうですね、前作よりましな印象だ。前作は宗教観のうんざり加減を差っぴいても、いまどき暗号だのって何だという感想だった。今回は、全体的にスピーディだしテロっぽいのと戦う(でもトム・ハンクスが戦うってのも…)内容でそれが惹きつけられてはいるし。

あくまで劇場型犯罪みたいなところがあって、いちいちおおげさだ。あの像が指し示したところだ!とか、そういう謎かけみたいなところ。見立て殺人っていうかなあ。そういうのって、現実的ではないので映画向けでよいのだろう。天使と悪魔という邦題もなかなかよい。

噴水に沈んだ人を助けるところ、なんかよかった。あとヘリコプター。
もうユアン・マクレガーの存在ってたいしたもので、ジャン・レノの後継者だよなあ。あの、出てきた瞬間に「あ!こいつ怪しい!」と思ってしまうあたり、ストーリー台無しなところはありますが。

まあ前作はアレなんで観るつもりなかったんですが、嫁が「観たい」というもんで、観た。
結果的に観ておいて悪くはなかったかも。