ミスター・ノーバディ

ミスター・ノーバディ

「ミスター・ノーバディ」を観た。

Mr. Nobody

前にも観たことあり。かなり面白かった記憶がある。やはり今回も「力作だなあ」とため息ついた。

前回と同様の感想。ほんとに走馬燈を映像化するとこういうことかと思うような、怒涛のアイデアと儚さを全編にまぶし、ジャレッド・レトの達者な演技、サラ・ポーリーの不安定さ加減、ダイアン・クルーガーの美しさ。どれだけ練ったんだろうという脚本を一度で理解するのは難しいかもしれない。ifの連続で人生そのものだ。

ジャレッド・レトは「パニック・ルーム」の頃なんてエキセントリックな脇役に過ぎなかったが、「チャプター27」の激太りと「ダラス・バイヤーズクラブ」の激痩せの間に位置する本作は、実に達者でした。

あとダイアン・クルーガーがもっと出番多かったら良かったと思います。

関連記事

ブレア・ウィッチ 「ブレア・ウィッチ」を観た。 2016年の作品だ。1999年に社会現象となった「ブレア・ウィッチ・プロジェクト」の正統な続編ということらし...
ミス・メドウズ 悪魔なのか? 天使なのか?... 「ミス・メドウズ 悪魔なのか? 天使なのか?」を観た。 2014年の作品で、ケイティ・ホームズ主演の88分という小品だ。 オープニングで...
サイレントヒル A woman, Rose, goes in search for her adopted daughter within the confines o...
ブロークン 「ブロークン」を観た。 ティム・ロス、キリアン・マーフィといった渋いキャスティングだが、話の中心は彼らではなくEloise Laurenc...
インディ・ジョーンズ/魔宮の伝説 「インディ・ジョーンズ/魔宮の伝説」を観た。 久しぶりに観た。やっぱり面白かったなという感じ。 前半はどうもスローだなと思ったが、後半に...
チャプター27 「チャプター27」を観た。 ジョン・レノンを射殺したマーク・チャップマンの3日間の出来事。 実話なのかな?(そもそもマーク・チャップマンの証言を...