パシフィック・リム

「パシフィック・リム」を観た。

Pacific Rim

ロボットと怪獣のガチンコバトルで菊地凜子や芦田愛菜が出演している。
パンズ・ラビリンス」のギレルモ・デル・トロによる監督作で、本人は日本オタクのようだ(しかし日本の描写は怪しいところもある)。

近未来、太平洋海溝が異世界と繋がって、そこから謎の巨大怪獣がやってくるようになった。人類も巨大ロボをつくって対抗する。しかし怪獣の強さがだんだんアップしていき学習効果があることで人類は絶えず苦戦する…というバックストーリーから始まる。

まあ設定からしてマンガだしひとつひとつの描写もマンガなのだ。特にサイエンティスト的な二人のキャラクター造形がマンガだった。出演者たちは有名なのだろうが、あまり知らない。

しかしそこそこ面白いと思った。なぜかというと凝りに凝りまくったロボの造形、ガジェットで、CGの異様なこだわり、そしてダイナミックな格闘。それらが実に迫力があった。まあなんで白兵戦でプロレスみたいなのをやるんだってのもあるが(剣があるなら早く使えよ!と普通にツッコミ入れながら観てた)。

えらくCGのクオリティが凄いんですね。「トランスフォーマー」などと比べても遜色なく、CGシーンが多いだけに水準の高さは驚くべきものだった。この迫力を味わえるのであれば映画館で観ても損でないと思えた。たぶんブルーレイだと情報量も多いのだろう。

菊地凜子にしても芦田愛菜にしても、しっかり爪痕を遺していたのではないかと思う。菊地凜子はその変わった風貌と日本でのやや無名加減が微妙なところではあるが、少なくとも日本人でハリウッドで奮闘する人々の中でトップクラスのフィルモグラフィーではないだろうか。まだ若いし。

とにかくCGは迫力じゅうぶんでした。そこだけでもお薦め。

 
パシフィック・リム ブルーレイ&DVDセット (3枚組)(初回限定生産) [Blu-ray]

パシフィック・リム ブルーレイ&DVDセット (3枚組)(初回限定生産) [Blu-ray]
マン・オブ・スティール ブルーレイ&DVD(初回限定生産) ワールド・ウォーZ エクステンデッド・エディション2Dブルーレイ [Blu-ray] オブリビオン (サントラ・ショートエディションCD・eCOPY付き)(初回生産限定) [Blu-ray] アイアンマン3 ブルーレイ+DVDセット [Blu-ray] ワールド・ウォーZ 3D&2DアルティメットZ・エディション 3Dブルーレイ&2Dブルーレイ(エクステンデッド・エディション)&2Dブルーレイ(劇場版)+Bonus DVD<4枚組/> [Blu-ray]” /></a> <br /></font><font size=by G-Tools