「私が幸せになる恋のルール」を観た。

なんと2002年の作品。ブラッドレイ・クーパー目当ての客を見込んでの過去作品発掘なのだろう。タイトルもそれっぽい邦題にしてる。
しかしいかんせん主役の女優、Colleen Porchが誰だよって感じの人だし、ブラッドレイ・クーパーとこの女優を争うもう一人の主役格の男、David Gailも誰だよって感じだし…華がなさすぎる。

それにIMDbのtechnical specによれば、この映画は16mmで撮られているし。どうにもボヤっとした絵で主役たちにピントもあってない適当な撮影だなあと思ったものだが、これは映画といえるのだろうか。(まあ「プライマー」だって16mmだしなあ…)

話としては、主役の女優が二人の男と束縛されない付き合い方をしてて(それを男どもも了承してる)、それで過去に移動サーカス団にいたことがオーバーラップして、家族との清算も盛り込んでくるというよくわからない映画。
つくづく低予算なんだろうなあという雰囲気がたっぷりしてる。ブラッドレイ・クーパーはこの映画のときは「エイリアス」の直後くらいのようなんだがね…よくここでキャリアが途絶えずに「ハングオーバー! 消えた花ムコと史上最悪の二日酔い」まで辿り着いたものだ。

 
これはさすがにダメかな。観なくて良いと思います。