シンパシー・フォー・デリシャス

「シンパシー・フォー・デリシャス」を観た。

マーク・ラファロ監督・出演で、主演のChristopher Thorntonが脚本も。
このChristopher Thorntonという人は、事故で車椅子生活となったようだが、自身の体験をいかしたのかどうか、この話の内容としては、「自分は治せないが他人は治せる」という奇跡の持ち主の話になっている。

車に寝泊まりして教会の炊き出しをもらってしのいでる主人公は、DJ志向でバンドをやりたいと思ってる。あるときホームレスの人に手をあてたら病気が治った。それで周りが色めき立ち、神父であるマーク・ラファロもこれを機に施設を立て直すことを考える。それとジュリエット・ルイスやオーランド・ブルームがいるバンドに入って有名になっていく話と交錯。

マーク・ラファロが俗っぽい神父で何を企んでるのかわからんところは良かった。ところがバンドに入って治療パフォーマンスバンドみたいになって有名になって、でも30パーセントくらいは失敗する事実があって、マネージャーのローラ・リニーがヤラセを仕込んだり、薬物中毒で倒れたジュリエット・ルイスを救えず裁判沙汰になったり。
後半は加速するものの話が散漫として、何をやりたいのかさっぱりわからず。誰に感情移入していいやらも不明だった。

でもクリント・イーストウッドやマーティン・スコセッシが手を出しそうなストーリーではある。
そこそこ長い期間の複数の人生模様と栄光と挫折みたいな感じ。観終わってみると何だかよくわからんかったけど良い物語だったな、という。

映画のなかでもドラマというジャンルに位置する内容で、悪くはないんだがこれといって目立つ場面がなかったことと、ジュリエット・ルイスやローラ・リニー、オーランド・ブルームと使いどころを間違ってるようなキャスティングが残念。Noah Emmerichも。John Carroll Lynchなんて最初のあそこだけかあ。
マーク・ラファロ自体は実に達者に見える役に自分を配置していたので、自分のことはよくわかってるようだった。

 

関連記事

キッズ・オール・ライト 「キッズ・オール・ライト」を観た。 邦題は原題と若干変えてある。「トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン」と同じパターンだ。この映画でマ...
かいじゅうたちのいるところ 「かいじゅうたちのいるところ」を観た。 題名だけみると、随分とゆるそうな映画ぽい印象だが、実際にはそんなでもない。結構ハードなメッセージ性...
デュー・デート 出産まであと5日!史上最悪のアメリカ横断... 「デュー・デート 出産まであと5日!史上最悪のアメリカ横断」を観た。 面白かった。「ハングオーバー」も面白かったが、これも笑えた。ジーンと...
ギルバート・グレイプ 「ギルバート・グレイプ」を観た。 これ1993年の作品ですか。…一度観たことがある。WOWOWだったかなあ。凄く良かったという思い出があっ...
アイアンマン3 「アイアンマン3」を観た。 言わずと知れたシリーズ第3弾。 ロバート・ダウニー・Jr.、グウィネス・パルトロウ、ドン・チードル、ガイ・ピ...
新しい夫婦の見つけ方 「新しい夫婦の見つけ方」を観た。 なんか不思議な映画だった。出演者が多彩な2015年公開の作品なんだが、話はやや薄味だし、出演者にも見せ場...