クラインの壷

クラインの壷

岡嶋二人「クラインの壷」を読んだ。

氏の評価が高いものを読んでいる。よりぬき。
「そして扉は閉ざされた」は面白かった。「99%の誘拐」は、まあまあ。
いずれにしても理系で、あとどんでん返しを重視しているような…まあそれは嫌いじゃないんだが。

「クラインの壷」だが、バーチャルリアリティのゲームの、現実と仮想の区別がつかなくなっていく、サスペンスもの。

わりと軽いし、サクサク読める。どんでん返しもあるが、「まあそうだろうなあ」というようなものだ。そういう風にしないと、何の意味もないというか…

20年くらい前の作品であるにも関わらず、非常にリアルなSFになってると思った。
話としては普通な気もする。でも、まとめ方は綺麗だと思った。

 
ちなみに一番の収穫は、「クラインの壷」という言葉を知らなかったので、それが勉強になりました。

クラインの壷 – Wikipedia

 

関連記事

密室殺人ゲーム王手飛車取り 歌野晶午「密室殺人ゲーム王手飛車取り」を読んだ。 なんというタイトル…歌野晶午は売れる気ないんか? 待望の新刊である。なにかしら期待を裏切ってく...
真夜中のサバナ 「真夜中のサバナ」を観た。 クリント・イーストウッド監督作。ジョン・キューザックとケビン・スペイシー。あと多分まだ売れて無い頃のジュード・...
ジェシカが駆け抜けた七年間について... 歌野晶午「ジェシカが駆け抜けた七年間について」を読んだ。 一気に読んでしまった。ということは、面白かったのだろう。 最後のほうまでどのように転が...
真実の行方 「真実の行方」を観た。 なんかエドワード・ノートンもので当たりを引いてないので、ここは原点でしょうと久しぶりに鑑賞。 やはり面白い。ちゃんとどん...
99%の誘拐 岡嶋二人「99%の誘拐」を読んだ。 この作者のは初めて。(実際には二人いて合作ペンネームのスタイル。もうとっくにコンビ解消してる) 面白いらしい...
ユージュアル・サスペクツ 「ユージュアル・サスペクツ」を観た。 久しぶりに観た。7年ぶりか。話もけっこう忘れているもんだ。 もう有名作なので、あらすじとか省略...