「刑事コロンボ #05 ホリスター将軍のコレクション」を観た。

ホリスター将軍は軍の調達部門で不正をしてて、それを知らせにやってきた部下を口封じのために殺す。それを外部から目撃した女性が通報してコロンボ登場。
でもホリスター将軍は目撃女性を籠絡して、証言を曖昧にする。

これは初めて観たかもしれない。鍵となるのは凶器の「大切な銃」なんだが、これがどうして展示に持ち出されたのかがすっきりしなかった。

 

「刑事コロンボ #06 二枚のドガの絵」を観た。

美術評論家は遺産が入らなそうになったので殺人計画。相棒を始末したり罪を別人に着せようと画策したり、かなりのワルだ。
二枚のドガの絵によって、どのように美術評論家の犯行か確定するのかというところがポイント。

何度も観てる。コロンボで一番好きな作品(二番目は「逆転の構図」かなあ)。
もう途中のさりげない伏線、クライマックスに至るまでの犯人のワルっぷり。そしてどうやって証明するんだというところでラストの畳み掛け。「うわっ!」と思わず膝を打つような最後。そしてそのままエンドクレジット。すべてが最高の終わり方だと思う。こんな見事なラストを観たことがない。

 
刑事コロンボ傑作選(ホリスター将軍のコレクション/二枚のドガの絵) [DVD]

刑事コロンボ傑作選(ホリスター将軍のコレクション/二枚のドガの絵) [DVD]
刑事コロンボ傑作選(別れのワイン/野望の果て) [DVD] 刑事コロンボ傑作選(逆転の構図/祝砲の挽歌) [DVD] 刑事コロンボ傑作選(構想の死角/指輪の爪あと) [DVD] 刑事コロンボ傑作選(パイルD-3の壁/黒のエチュード) [DVD] ハングオーバー!! 史上最悪の二日酔い、国境を越える [DVD]
by G-Tools