迷宮

meikyuu.gif

清水義範「迷宮」を読了。
この人がこういう話を書くとは意外な感じがした。
でも、「青山物語」とかで小説家を志して作風で悩む姿を見るにつけ、やはり、この人は根底で小説家でありたいと思っているのかもしれない、と思った。

「迷宮」はリブロでずっと前に購入してたんだけど、リブロの袋に入れたまま棚に放り込んでしばらく忘れてた。年末に掃除して気がついて、いそいそと読み始めたのだ。

一緒に購入したのは歌野晶午の「ブードゥー・チャイルド」。「葉桜?」を読んで以来、他作品をほとんど読んだが、「葉桜?」以外でこれという当たりがない。
いつ買ったんだったっけ。秋ごろか?

さて「迷宮」は、記憶を失った「私」にある男が治療のためと称して、とある事件の記録を読ませる。その猟奇殺人事件の、経緯記録や証言、雑誌記事などを読んでいって、「私」に変化が・・・みたいな話だ。

うーん、まあまあかな、と。そんな面白くないわけじゃなかったが・・・落ちが読めてしまった。
意外な結末でした。

関連記事

独断流「読書」必勝法 清水義範+西原理恵子「独断流『読書』必勝法」を読んだ。 またこのコンビ。 どんどん相乗効果が薄れていってる二人組という認識だ(大半は清水義範の筆...
ああ知らなんだこんな世界史 清水義範「ああ知らなんだこんな世界史」を読んだ。 図書館で検索したときに見つけて、おお新作か!?とすぐさま予約し、借りたときに表紙を見て「?」 ...
いやでも楽しめる算数 清水義範「いやでも楽しめる算数」を読んでいる。 「おもしろくても理科」「もっとおもしろくても理科」「どうころんでも社会科」「もっとどうころんでも社...
雑学のすすめ 清水義範「雑学のすすめ」を読んだ。 いつものコンビ。 今度は雑学か…ベテランがブームに乗っかかるとは。 読んでみてすぐに思ったのは、なんか...
はじめてわかる国語 清水義範+西原理恵子「はじめてわかる国語」を読んだ。 (すごい表紙だな。ぜんぜん意味がわからない) シリーズ第6弾。よく続くなあ。 面白いとは...
サイエンス言誤学 清水義範「サイエンス言誤学」を読んだ。 うーむ… 「飛びすぎる教室」アウトテイクって感じ。   軽ーいエッセイ調で、ちょっとした話がずら...