スリー・キングス

スリー・キングス

※エントリ重複してますが

ホームページの更新作業に追われているうちに、いつのまにか年が明けてた。
もちろんそれは嘘であって、それでも何気なく21世紀はやってきたのだ。確か年末に言ってた。宮田君(実名)とそういう話をしてた。

「なあ宮田君。何だかアレだな。本当に21世紀がやってきたんだな」
「そうっすね」
「それにしても凄い地味にやってきたな」
「そうっすね」
「みんな、何とも思ってないのかな。だって21世紀なんだぞ」
「思ってないですよ。貴方だけですよ」
「そうかな?」
「そうっすよ。そうやって騒ぐのって恥ずかしいじゃないスか」
「何だって?」
「気がついたら正月になってますよ。寝てても、飲んでても、何してても」

そんな会話をしてた。その通りだった。

いや、そんな話じゃない。ここのところ、ホームページの更新をしてたり、DVDを観てたりしてた。
映画は何本か観た。どちらかというと俺は観たことない映画ばっかり借りるわけじゃなく、何回か同じ映画を借りたりする。この前の「戦利品」の打ち上げも一人で先に帰って「ケープ・フィアー」とか観てた。

ここ数日で観たのは「パーフェクト・ストーム」「スリー・キングス」「コンタクト」「身代金」「エドtv」「ブレードランナー最終盤」。

それにしても「エドtv」は面白かった。久々に面白いと思った。酒を飲みながら観てたから少し評価が甘めかもしれないけど、映画を観ながら笑ったのなんて久しぶりだ。是非、みんなも観てみよう。ウディ・ハレルソンは最高だ。何てうまいんだ。ロン・ハワードもいい。映画を観終わって、「面白かったな」と思ったら監督はロン・ハワードだよ。

関連記事

身代金 ※エントリ重複してますが ホームページの更新作業に追われているうちに、いつのまにか年が明けてた。 もちろんそれは嘘であって、それでも何気なく21...
チンギス・ハーンの一族 陳舜臣の「チンギス・ハーンの一族」を読んでいる途中。 「十八史略」は宋の滅亡をもって終わり、「小説十八史略」では元のことにも少し触れてはいるものの...
アメリカン・ビューティー 12月か。 別に12月だからってわけじゃないが、お金を使った。 まず「ディアブロ2」を買った。 携帯代を払った。約6,000円。携帯つながった...
居心地が妙にいい 今日からバイトにも復帰。 ほぼ半月も休んでいた。えらいことだった。つうか休ませてくれるってのはどうなのか。いいバイト先なのだ。 半月ぶりに顔を出すと...
ホワイトアウト 椎名誠にはまってしまった。「銀座のカラス」上下巻を一気に読む。非常に疲れた。でも「哀愁の-」のほうが面白かった。 「ホワイトアウト」を観た。 ...
ピースメーカー 「ピースメーカー」を観た。 ジョージ・クルーニーとニコール・キッドマン。 ERの最初の成功者になりつつあったジョージ・クルーニーだとか、同じくE...