2009年下半期に観た映画と、2009年のベスト

2009年下半期に観た映画と、2009年のベスト。たくさんあるので今回はベスト5まで。

いつも通り対象となるのは、初めて観た映画。
参考までに(*)がついてるものは、過去に観たことがあるもの。

逃亡者
P.S. アイラブユー
ベティ・サイズモア
(*)不法侵入
イントルーダー 怒りの翼
消されたヘッドライン
それでも恋するバルセロナ
そんな彼なら捨てちゃえば?
ストリート・オブ・ファイヤー
エイジ・オブ・イノセンス/汚れなき情事
(*)ブラックホーク・ダウン
ミルク
遥かなる大地へ
スラムドッグ$ミリオネア
マイ・レフトフット
スター・トレック
(*)真実の瞬間
ふたりの男とひとりの女
バグジー
陽のあたる教室
(*)ミーン・ストリート
(*)イーグル・アイ
(*)ジョーズ
(*)ブレードランナー
25年目のキス
(*)俺たちに明日はない
(*)刑事ジョン・ブック 目撃者
カッコーの巣の上で
プリズン
コクーン
(*)ザ・インターネット
ライアー ライアー
ビッグ・トラブル
幸せになるための10のバイブル
(*)ルームメイト
危険な情事
7つの贈り物
ダウト あるカトリック学校で
バーン・アフター・リーディング
マックス・ペイン
ザ・バンク 堕ちた巨像
(*)レイダース/失われたアーク《聖櫃》
パッセンジャーズ
キング・コング
(*)俺たちは天使じゃない
(*)タワーリング・インフェルノ
マイ・ドッグ・スキップ
危険な遊び
ドク・ソルジャー/白い戦場
(*)恋におちて
ビリー・バスゲイト
ゴースト・ドッグ
(*)ダンス・ウィズ・ウルブズ
陽だまりのグラウンド
バットマン・フォーエヴァー
夜の大捜査線
(*)レインマン
或る殺人
ブロードキャスト・ニュース
初体験/リッジモント・ハイ
アトランティスのこころ
ダブル・ビジョン
フレンチ・コネクション
(*)ワーキング・ガール
(*)ミセス・ダウト
(*)フランケンシュタイン
ノースフォーク 天使がくれた奇跡
ハッピー フィート
宮廷画家ゴヤは見た
イングリッシュ・ペイシェント
サン・ルイ・レイの橋
オーストラリア
フロスト×ニクソン
D-WARS ディー・ウォーズ
チェンジリング
ベッドタイム・ストーリー
(*)ボーン・スプレマシー
(*)ボーン・アイデンティティー
(*)十二人の怒れる男
ハイ・クライムズ
ニューヨーク・ストーリー
英雄の条件
(*)ザ・エージェント
パール・ハーバー
(*)インベージョン
父親たちの星条旗
(*)フェノミナ
エレジー
スピーシーズ 種の起源
ダイアナの選択
ワルキューレ
ザ・クリーナー 消された殺人
ベンジャミン・バトン 数奇な人生
その土曜日、7時58分
いとこのビニー
ミラーズ
ニュー・シネマ・パラダイス
運命の逆転
シザーハンズ
(*)エイリアン4
カレンダー・ガールズ
(*)ダイ・ハード4.0
(*)恋に落ちたら…
ゲッタウェイ
ダウンタウン
(*)ブロンクス物語
インディアン・ランナー
(*)ヒート
(*)張り込み
ホワイト・プリンセス
(*)ボルケーノ
フォース・エンジェル
007 慰めの報酬
(*)ワイルドシングス

全部で114本。半年だから3日で2本くらい。結構観たな。
このなかで、「これはお薦め」を抜き出すと、

スラムドッグ$ミリオネア
ダウト あるカトリック学校で
パッセンジャーズ
ハッピー フィート
チェンジリング
英雄の条件
ダイアナの選択
ベンジャミン・バトン 数奇な人生

こんな感じ。これらは確かにお薦め。
あとは上半期のベストとあわせて、2009年のベストを決める。
今回は本数も多いのでベスト5まで挙げる。

第1位
ダイアナの選択 [DVD]
ダイアナの選択

第2位
スラムドッグ$ミリオネア [DVD]
スラムドッグ$ミリオネア

第3位
愛が微笑む時 [DVD]
愛が微笑む時

第4位
キルトに綴る愛 (ユニバーサル・セレクション2008年第10弾) 【初回生産限定】 [DVD]
キルトに綴る愛

第5位
パッセンジャーズ 特別版 [DVD]
パッセンジャーズ

次点
ダウト ~あるカトリック学校で~ [DVD]
ダウト あるカトリック学校で

ダイアナの選択」と、「スラムドッグ$ミリオネア」は僅差。どちらも良かった。「愛が微笑む時」「キルトに綴る愛」はどちらも新作ではないけど脚本から演出から、いい感じのまとまりがあった。「パッセンジャーズ」は、まあ、どんでん返しは基本的に評価高めである。
ダウト あるカトリック学校で」は内容は普通だけど、演技がとにかく際立ってたので、次点に入れさせていただきました。

良作が多かったように思う2009年。