2009年の下半期に読んだ本と、上半期をあわせて一番面白かった本は。
いつも通り、対象となるのは7月-12月に読んだ本で、小説。

吉田修一「横道世之介」
吉田修一「キャンセルされた街の案内」
歌野晶午「密室殺人ゲーム2.0」
桐野夏生「東京島」
雫井脩介「殺気!」
柳広司「ジョーカー・ゲーム」
石持浅海「まっすぐ進め」
奥田英朗「オリンピックの身代金」
井上荒野「切羽へ」

全部で9作品だけ。読まなくなった。
(最近、小説以外のものを読むようになっている)

この中だと、吉田修一「横道世之介」がダントツかなあ。
年間通しても、それが一番良かった。