2007年下半期に読んだ本と、2007年全体のベスト

2007年下半期に読んだ本と、2007年全体のベスト。

あまり本を読めなかった。なぜだろう…
図書館で予約待ちになってる待機時間が多かった。その間は雑誌を読んで消化してるわけで。

好きな作家の本を結構読んでしまったのもある。
なんか面白い作家はないだろうかね。

 
以下、2007年下半期に読んだ本。
対象となるのは「2007年7月-12月にこのホームページで取り上げた本」で「初めて読んだ本」で「小説」です。

 
東野圭吾「秘密」
東野圭吾「夜明けの街で」
東野圭吾「使命と魂のリミット」
吉田修一「初恋温泉」
吉田修一「ひなた」
吉田修一「長崎乱楽坂」
石持浅海「Rのつく月には気をつけよう」
石持浅海「人柱はミイラと出会う」
荻原浩「ハードボイルド・エッグ」
荻原浩「誘拐ラプソディー」
歌野晶午「密室殺人ゲーム王手飛車取り」
歌野晶午「さらわれたい女」
貫井徳郎「愚行録」
島田雅彦「優しいサヨクのための嬉遊曲」
真保裕一「最愛」
宮部みゆき「名もなき毒」
伊坂幸太郎「フィッシュストーリー」
松本清張全集17「北の詩人・象徴の設計」

18作品。上半期が16作品だった。
いずれにしても読むペースが落ちてるな。

このなかから、そこそこ面白かったのとなると…

 
吉田修一「初恋温泉」
歌野晶午「密室殺人ゲーム王手飛車取り」
貫井徳郎「愚行録」
伊坂幸太郎「フィッシュストーリー」

と、いうところでしょうか。

 
上半期に面白かったのは、
吉田修一「女たちは二度遊ぶ」
奥田英朗「ガール」
荻原浩「明日の記憶」
池井戸潤「空飛ぶタイヤ」
あたりだった。

 
どれだろう…

歌野晶午「密室殺人ゲーム王手飛車取り」

ですかね。
吉田修一「初恋温泉」「女たちは二度遊ぶ」も良かった。

関連記事

誰でもない男の裁判 A.H.Z.カー「誰でもない男の裁判」を読んだ。 面白かった。世界初の短編集らしい。エラリー・クイーン・ミステリマガジン入選作などがおさめられてい...
女たちは二度遊ぶ 吉田修一「女たちは二度遊ぶ」を読んだ。 タイトルの意味はよくわからないが、短編集。様々な女性がモチーフとなった短編集… 世の評価は知らないが、面...
重力ピエロ 伊坂幸太郎「重力ピエロ」を読んだ。 いや面白かったねえ。 最後、ちょっとジーンとしてしまいましたよ。 特に大仕掛けもなく、ストレートな話。...
ジェシカが駆け抜けた七年間について... 歌野晶午「ジェシカが駆け抜けた七年間について」を読んだ。 一気に読んでしまった。ということは、面白かったのだろう。 最後のほうまでどのように転が...
最後の息子 吉田修一「最後の息子」を読んだ。 短編集。「最後の息子」「破片」「Water」をおさめる。 どれもさらっと読める短編。 なにげなく関連する...
ゲーム開発最前線『侍』はこうして作られた―アクワイア制作2課の660日戦争... 「ゲーム開発最前線『侍』はこうして作られた―アクワイア制作2課の660日戦争」を読んだ。 これは面白いですね。 アクワイアのホームページを見ると...