XZR 攻略

「XZR」というゲーム、ご存知だろうか。
エグザイルと読む。


破戒の偶像、というサブタイトルがついている。
意味がよくわからないが、それっぽいのでサブタイトルとはそういうものだ、ということで納得しましょう。

この「XZR」というゲームは、日本テレネットから1988年に発売された(MSX2版)。ほかにもPC-88、PC-98、X1版と出ていたようですが詳細は知らない。
翌年(1989年)、続編にあたる「XZR II」が発売された(MSX2版)。

当時高校生だったが、この続編にかなりはまった。
夢中になって最後までやった記憶がある。

はまった理由として、MSX2版でありながら高速な処理でサクサクと楽しめたこと、それとかっとんだ世界観、そして粋な音楽などがある。
日本テレネットの技術力を見せつけられた感があったのだ。

 
高速処理

このゲームはドラクエのようにトップビューで町や村のなかをうろつくシーンと、「リンクの冒険」のように(といってもわかんねえか。ファミコン版「火の鳥」のような・・・じゃさらにわからないよな)、サイドビューのアクションシーンがある。


これは「XZR II」の冒頭、サイドビューのアクションシーン。これ観りゃわかるか。

トップビュー、サイドビューのどちらも、縦横にするするスクロールするんだが、それが実に高速だった。
当時コナミが「激突ペナントレース2」を出したとき、横にスクロールするのがすごい、とMSX-FANはかなり推してたんだけども、それくらいどうってことないよ、と日本テレネットの声が聞こえてきそうなくらい、するするスクロールしていたのだ。

スプライトって使ってたのかなあ?自キャラも敵キャラも、グラフィック書き換えだったんだろうか。
(これはビクターの「死霊戦線2」にもいえる)

わりとキャラもでっかめなんだけど、その技術力はたいしたものだなーと。
日本テレネットは、「夢幻戦士ヴァリス」でやはり技術力を見せつけてますね(やったことないけど)。

 
かっとんだ世界観

主人公はアサシン。暗殺者なのだ。
まー目的があって、順番に各地をまわって道をひらいて、最終的にターゲットに近づいていく。

RPG要素でレベルアップしたりする。装備を変えたりする。
普通のゲームっぽいんだが、アイテムに麻薬が登場する。

マリファナとかコカインとかあって、それで一時的にステータスアップするというのだ。
効果は一時的で、それが切れると副作用で体力が減ったりする。
場合によっては死ぬ。

なので、効果が切れる前に、副作用を抑える薬を飲むのだ。

なんですかそれは。

不思議な設定である。
また、それがゲームの謎解きに大きく貢献しているかと言えば、まったくそうではなくて、この麻薬、使わなくてもクリア普通にできます。
このへんがさらに不思議なんだよなあ。

そういう設定のゲーム作るんだから、それを使わないと駄目!という仕掛けにしそうなもんだが。
技術力が高ければ、設定なんかどうでもいいんだ!という開き直りの声が聞こえてきそうな。

もう一つ、ぶっとんだ設定がこれから紹介する「1」のクライマックスにあるのだが、それは後ほど。

 
粋な音楽

「XZR」も「XZR II」も、FMパック対応ではなかった。
ただ、それでもビブラートのかかったメロディなど、美しい処理がされていたと思う。
また、最初のサイドビューでかかる異国風な音楽がすごくよかった。

このへん、まだ頭に浮かべることができるのだから、そうとう気に入ってたんだろう。

PC-88版もこの機会に聞いてみたのですが、最初にさわったMSX2版の印象が強すぎて、どうもなじめなかった。
でも、リズムパートとか気合入っていました。

さて、このコンテンツではMSX2版「XZR」を攻略していく。
「XZR II」は、これを解いた後にやってみたいと思います。

まず最初に、オープニングをちょっと見て、時代背景を調べてみましょう。

→ XZR 攻略#0

 
MSX MAGAZINE 永久保存版 VOL1/2/3
アスキー書籍編集部

MSX MAGAZINE 永久保存版 VOL1/2/3

by G-Tools

[child_pages width=”33%”]