WORLD OF XEEN 攻略#10


Harpyの巣をどんどん壊してたら怒ったのか何なのか、Harpyの親玉みたいなのが出てきた。
まあ勝てるんだが。


よくわからなかったのが、このエリアの南西端のところ。
どうも飛び地的に行けるところがあるみたいなのだ。飛ぶ術がないので、とりあえず放置。


これでほぼやることがなくなり、Witch Towerを後にするのだった。
基本は虐殺だよなあ。


Alacornを老婆に渡すと、経験値を得た。
Falistaを蘇らせるのだという。


そいで一度この小屋を出て再び入りなおすと、ユニコーンがいたのである。
これは老婆は亡くなったってことだろうか…?ユニコーンに変化したのだろうか。
よくわからないが、これでCrusaderの称号を各自が得て、クエストは終了。


こうしてF4の探索を終了し、次にE4エリアへ侵入するのであった。


確かにゾンビの森ということで、ゾンビがぞろぞろ出てくる。
でも楽勝。


このE4は基本的に森ばっかりである。南西には森のなかにぽっかり開けた空間がある。
そこにダンジョン入口らしきものがあるのだが、今は入れない。


E4北端は北から続いてきたっぽい川が終わるところなのだが、そこにある骨を探る。


クエストアイテム、Orothin’s Bone Whistleが見つかった。
これはF3の浮島にいた男が無くしたから探してくれと言ってたやつだ。
これって川に流された水死体が持ってたってことなのかなあ…


Orothinに返す。
「彫像を起動しておいたぞ!じゃあな!」とか言う。経験値も得た。


E4もあっさり探索が終わり、続いてD4へ行ってみることにした。


D4に入ってすぐ、ゾンビの森を抜けた。
そして今度は湿原地帯ぽい雰囲気。


テントがあり女は言う。「私はかつて美しい人魚だったんですが、魔女に嫉妬されて醜い人間にさせられたのです」だと。同情していいものやら…
「ここから東にあるTemple of YakにあるというElixirで人魚の姿を取り戻せる。入口をひらくブツを渡すからどうにかしてくれないか」


そんな感じのことを言われて、Yak Stone of Openingを入手。
これはさっき入れなかったダンジョンのことだろう。


そんな元人魚の依頼は置いておいて、そばにあった町へ入った。
ここはNightshadowという町のようである。


全体的にコウモリだったり吸血鬼だったりな世界。
やっぱり苦労する敵ではないが。


墓があり、「A stitch in time」と書かれているようだ。
これが謎なんだが…


町にはいたるところに棺があり、いじると案の定吸血鬼が飛び出してくる。
昼とか関係ないのだな…


この町の北西隅にある棺。なんか拒否された。
なんか仕掛けがあるようだが…