愛しの座敷わらし

荻原浩「愛しの座敷わらし」を読んだ。 地方に左遷されたサラリーマンとその家族の話。 住まいをとってもとっても不便な古民家にして、家族は引越してくるが、そこに座敷わらしがいて。 バラバラになってた家族が、座敷わらしの出現を 続きを読む…

ちょいな人々

荻原浩「ちょいな人々」を読んだ。 短編集。 ほのぼの人間模様。軽いなあ。あっという間もなく読み終わったよ。 全体的にほのぼのしてる。 なぜか清水義範の作風を思い出した。なぜだろう。軽く笑いを取ろうとしてるのが、あざといか 続きを読む…

ビター・ブラッド

雫井脩介「ビター・ブラッド」を読んだ。 実に、実に、雫井脩介っぽくない作品だった。 刑事小説というか警察小説というか、何ていうんだろうデカ・ザ・ハードボイルド? 黒幕が身近にいて、犯人は誰だ的な。 それで主人公二人が親子 続きを読む…

さよなら、そしてこんにちは

荻原浩「さよなら、そしてこんにちは」を読んだ。 短編集。 いろんな職業の人間模様。 つまらなくはないけど、突出して面白いのもない。   一貫したテーマはない。 それぞれの短編は、まあちょっとおかしかったり、ちょっと悲しか 続きを読む…