Might and Magic III 攻略

Might and Magic III Isles of Terra を攻略する。
攻略といっても、何も参考にならないプレイ日記風になることは確実だろう。

脈絡なく、あっち行ったりこっち行ったりになると思うが、ご容赦願いたい。


おお・・・!
256色グラフィック。美しい。

Iは、むかーしMSX2版を経験後、ファミコン版で途中まで。そしてPC88版でクリア。IIは、PC88版でスタートして、途中でAmiga版に変更。それでクリア。
このIIIを始めるにあたり、どれでやろうか迷った。
スーファミ版やメガドライブ版を比べてみたり・・・どれも一長一短で、決め手に欠ける。

あえてDOS版をはずしていたのは、もう攻略サイトが存在することを知ってたから。
だから、DOS版以外で・・・と考えていたのだけれども。

しかし、プレイする際に快適になるだろうと予測して、コンシューマよりPCを選びました。
コントローラでやるよりも、キーボードのほうがプレイしてて楽しいだろうなと。


それにしてもアニメーション。
いたるところで、グリグリ動いている。「そのアニメーションは、必要なのか?」と思うのがほとんどであるが、当時にしてみりゃ、動いてなんぼだったのでしょう。
上の画面、宿屋です。
ここで、キャラクター作成に入れる。


キャラクター作成では、ベストの値が出るまでひたすらRoll・・・ということはなく、ある程度で決めてしまって、さっさと次へ。
前作と同様に、6人パーティと2人の傭兵というイメージで進めるみたい。

新しい職業も登場。迷うところである。
前作では「Archerが最強ではないか?」と結論づけていた。今作ではどうなんだろうな。

Cleric、Sorcerer、Robberといった基本キャラは必要か。
Druidが必要っぽいが、専門でなくていいのでDruid系呪文を使えるRangerでどうか。
そうなると、Paladinが必要なくなるか。実際、前作でもてあまし気味だったし。

・・・などと、めくるめく妄想の果てに決定した今回のパーティ。


Knight、Ranger、Cleric、Archer、Robber、Sorcerer・・・まあ普通といえば普通。
前衛とか後衛とかあるのか?なんかルールがよくわからん。

スペルポイントやアーマークラス、ゴールドにジェムにフードと、まあ前作と似たような要素なんでしょう。
とにかくやってみることだ。

あと、各キャラクターのスタート状態を以下に。


パラメータ(Mgt、Int、Per、End、Spd、Acy、Lck)は同じか。
アーマークラスは、やはり高いほどいいのだろう。

Skillは、最大2つまでというわけではないようである。
Awrdsとは・・・

ほお。ゴールドとジェムとフードはパーティ全体で管理されるようです。そいつはいいね。
(ゴールドを経験値に変化する泉とか、ないってことでしょうか?)


とにかくスタート。
なんか・・・1と2に比べて、格段にグレードアップしたグラフィックだなあ。

マウスオペレーションになったが、キーボードでも操作可能だ(2と同様の操作感覚)。
最初はしばらくマウスでやってみましたが、すぐにキーボードに戻ることとなる。はっきり言って、キーボードのほうが楽。


vキーで、パーティがいるエリアの情報が見られる。
コーラックのメモ・・・またあいつか。

Morphoseを救えとか、そういうことを言ってる気がする。


コーラックのメモのあと、何かキーを押すと今度はクエスト一覧が表示される。
さっきのMorphoseを救えとかいう話が、早速クエストに追加されているのです。

てことは・・・今回は同時にクエストを複数受けられるということですね。
しかも一覧表示されて。便利だ。


街のいたるところに、このような泉が(気味が悪い)。
Throw in a coin?と聞いてくるが、コインを投げ入れても何も起こらないんだが・・・なんだろう。


寺院。
これまでと同様に、キャラクターのステータスを戻してくれる。
寄付もできるみたい。また何かあるのだろうか?
前作と異なり、ここでCleric用スペルを購入できなくなった。


武器防具店。なんでも売ってる。
まあまずは一通りの装備を揃えないといけないわけだが・・・

今回は、まず武器や防具が故障するようなのだ。それを修理してもらうのも、この店で行う。
あと、名前。これまでのような、たくさん種類のあるアイテム・・・から方向転換したのか、大きく変わって戸惑っている。基本のアイテム名に接頭語や接尾語がくっついて、威力や効果が決まるようです。
その接頭語や接尾語がたくさんあって、組み合わせは相当なもの。凝った名前の武器であっても強いとは限らない・・・面白そうだけど面倒そう。

店は、品揃えがしょっちゅう変わってるようだ。


前作と同様に、その街のギルドに加入してないと、呪文を購入できない。
(あんまり効果的なシステムとは思えないがなあ。雰囲気?・・・雰囲気なのか?だったらもう少し安くしてほしいもんです)


とあるポイントで、壁を壊すと敵が出てきた。

壁に何もなさそうでも、画面がアニメーションして「何かある」ことを知らせてくれる。
Bキー(BASH)は前作と同様だ。壁を壊すとパーティの2人がダメージを受ける。(左側の2人。そうか、前衛とかの概念はあるのだな)

で、奥から敵が出現したというわけ。でかい。

今回は、唐突に敵とエンカウントするわけではなく、敵が見えているのです。
遠くにいるときに弓矢で攻撃したりできる。
リアルタイムで動いてるわけじゃなく、ターン制のようなものだ。こちらが戦闘状態にあるときも、遠くにいる別の敵が少しずつ近づいてくる。(でも同時に戦闘に入る敵には制限数があるみたいだし・・・前作みたいに10数匹と同時に闘うという無茶はないみたい)


負けた。
相変わらず序盤はしんどそうだな。敵に勝てない。
いつでもセーブできるのは良い。・・・ただ上書きされるので、なるべくバックアップを取る必要があるな。

まあとにかく長い旅のはじまりです。

 
→ Might and Magic III 攻略#1

 
Might & Magic: Clash of Heroes

Might & Magic: Clash of Heroes

by G-Tools

[child_pages width=”33%”]