続Might and Magic II 攻略#6

地上の探索を再開。
B-2から。


とあるところで、このような立て札が。
Green Message 1 とある。意味のわからない文字列が・・・なんでしょうこれは。


サーカスの跡地。
まあPC88版のときに知ってるから書いてしまうが、140日?170日でサーカスが開催されるのです。


これまたB-2だが、Cuisinartが3体出現するポイントが。
こいつが非常に強い。2,000ポイント以上のダメージを複数に攻撃・・・無理だって。E-2でのドーピングも通用しない。
後回しだ。


B-2の南側は森。その中ではBaron Wilfreyが待ち構えている。
Atlantiumでも情報があったが、これがArcherのプラスクエストだ。PC88版では戦いを挑むことができた(もちろん勝てない)が、そのときにArcherとRobberだけになる。しかしAmiga版では戦うこともできない。Archerだけで出直してこいと言われるのだ。


B-2は他に、4つの城にそれぞれワープできる場所があったり(何に使うんだこんなの)。
まあ・・・サーカスが開催してから再び来ることだろう。


B-3へ。
北側と東側を残して、あとは海・・・というエリア。
Flyで降り立ったのは東側。ああ、そうそうここはドルイドばっかりいるところか。


なんか妙に懐かしい。PC88版と違い、そんなに呪文を唱えてこないんだが・・・
楽勝だったのが、さらに楽勝となっている。


またGreen Message。すべての画面を載せてないが、B-2に二つ、B-3に二つ。計4つ。
以前のヒントメッセージに、「GreenInterleave」というのがあった。あれがこのMessageを解く鍵なのである。

2-1-3-4の順に並べて、縦に読んでいけばメッセージが・・・

Green Message:
For each individual to become true, see the jury which resides at Mount Farview. Travel in groups of appropriate class. A Robber can aid all others with their task.

なんだ・・・単にプラスクエストをしなさいってだけの話か。


B-3の北側へ。
突然攻撃を仕掛けてくる敵が。


Jouster、騎士だろうな。
こいつもなかなか強いのだが、勝てる。単体相手だと楽だ。
まあパーティのレベルも上げたしな。


別のところにもJousterってのがいるんだけど、これはKnightのプラスクエスト。
とりあえず後回し。


B-3には離れ小島があり、そこはSorcererのプラスクエストの舞台だ。


なので城にも入れない。
後回しだな・・・


海の上では固定敵がいないので、探索はあっという間に終わる。


離れ小島をそのまま南下。B-4へ。
Sorcererのプラスクエストは2つの城を攻略しなければならないようなのだ。大変そうだなあ。


B-4は島がいくつか。
Walk on Waterは必須である。


南西にある島が、Murray’s Resort Spa。
ツアー申込みしてないので(金を払ってないので)、施設を利用することはできない。

PC88版と同様なら、重要なのは若返りの泉と、ダンジョンくらいのもんだ。
後回しで。


南にある島では、Crazed Nativeが登場。
原住民ってことですよね。いいんですかね。

このCrazed Native、凶暴化してパーティ複数に大ダメージを与えてくる。
ちょっと今は勝てないっぽいので、後回しに。


この島には、やはり傭兵が捕らわれていた。
・・・って、PC88版攻略の終盤にもあったShermanであるな。

まあ後で城に向かうことにしよう。


B-4では、波打ち際にお宝が寄せられていたりもする。
が、それくらい。Murrayの島はちっちゃいなあ。

次はC-1に。