続Might and Magic II 攻略#4

それでは地上の探索を本格的に開始。


どこから始めるのかというと、A-1からである。
(そういえば知らない人のために補足しておくと、Might and Magic book twoの世界は、基本として16×16のマップがひとつのフィールド。初代ウィザードリィを思い浮かべてもらえれば。ああいう感じ。
町であっても城であっても、16×16がひとつのフィールド。
(町は地上が16×16だし、地下に降りたらそこも16×16。城なんかは地下が二階まであったりもする)

それで、地上エリアだが、16×16のマップが横に5つ(A?E)、縦に4つ(1?4)並べた状態になる。
A-1のマップで16×16、そこから南に隣接してA-2のマップがあって・・・という具合です。


本当はMiddlegateの町から出たところがC-2なので、そこから始めるのが妥当なんだろうが(実際、PC88版のときはそうした)、PC88版とは違う経路でいきたいなと思ったもので。
A-1エリアは、雪原に覆われたところで見た目も寒々しい。
ときおりブリザードがパーティを襲う。


氷を砕いて泉の水を飲む。
すると一時的に全員のレベルが25になる。

別に泉が涸れることはないので、強敵には有効。
(ちなみに、地上にはいくつも泉があり、ほとんどはパーティになんらかの影響を及ぼす。一時的に能力がアップしたり状態を変化させたり。一時的ってのは、休息したり戦闘したりすると効果が切れることをいう)


世界のはしっこには、このようにElemental Plane of Airへの扉が開いている。
ってなんだそれは。


実際に入ってみると、まったく別のマップへ飛んだようです。
Yearが200になっている。ゲームスタートは900年なんだが、200年のころにタイムスリップしたということだろうか?

資格がないようで、移動することもできずに元の世界へ戻される。


Elemental Planeへの入口の近くで、「Air Encasement」のスペルを習得できた。
僧侶が使える攻撃魔法なんだが、使わないなあ。
使ってみても成功した試しがないし。


A-1エリアでは、何箇所かでAir Elementalの襲撃をうける。
はっきり言って、このレベルでは厳しい敵です。


さっきのレベル25にドーピングできる泉を活用しながら。
それでも上の画面のように死にかけではあるけど。序盤としては経験値が大きい。


あとA-1ではエリアの中央あたり(8,8)にて、スペル「Air Transmutation」を入手できる。
これはさきほどのElemental Plane of Airを旅することができる呪文・・・らしい。
(とりあえず後回し)


A-1については、ほとんど謎らしい謎もなく、ただAir Elementalが強めだってくらいのもんだ。
エクセルでマップを書くってのは、コメントが使えるせいで便利だなあとつくづく・・・


A-2にやってきた。
このエリアは、北側半分がA-1の続きで雪原(氷河?)。南側半分は森が中心の地表。Pinehurst城とかがある。
その境目を東西にどーんと街道がC-2まで続くわけだが、その街道沿いに山があり、そこに出てくる敵が上のMist Warrior。


はっきり言ってMist Warriorは強いんだが、勝てる。
どうも現時点での感覚だが、Amiga版はオーバーキルって言うんでしょうか、そういうのが少ない気がする。PC88版だと、キャラクターのHPよりも圧倒的な攻撃をくらうと、気絶を通り越して死んだりするわけだが、Amiga版はそういう現象が見られない。HPが50しかなくて、500ポイントの攻撃とかくらったとしても、Amiga版ではまず気絶で済んでいる。

気絶は回復してやれば簡単に戦線復活なので、相手が単体だと(しかも全体攻撃をしないなら)、非常に楽なパターンになる。
誰か倒れても僧侶が回復を続ける限り、戦闘要員は減らないからなあ。

Mist Warriorを倒すと、なんと「Dancing Sword」のスペルが手に入る。強力な呪文である。
ドラクエだとイオナズンみたいなやつですかね。SL(スペルレベル)が足りないと唱えることすらできないので、現時点のパーティでは誰も使えないのだが習得したというフラグは立つので、将来は使えるようになる。


このエリアで、突然でかいクモが出現するのだが、「質問に答えられないと食ってやる」と脅される。
質問は、「What has Mark lost?」・・・これはねえ・・・PC88版で聞いたことあるなあ。Markってのがいたな確かに。


正解して、アイテムを得た。
順番としては逆だけど、まあいいとしよう。


忘れそうなので、さっさと済ませておくことにする。
MarkはC-1の森の中でさまよっている。「Where are my keys!?!」


う・・・意外に少ない報酬。
まあいいか。


C-1に寄った帰りに、B-1に立ち寄る。
木登りに参加するやつはいるか?と聞いてくる。


パーティの中には力自慢はいなかったんだが、この場所の近くに泉があり、そこでMgtをガツンとドーピングできた。
ので、偶然にも成功している。
しかしここで得られるのは「Instant Keep」・・・いまいち役に立たないアイテム。


B-1もA-1から続く雪原が大部分を占めている。
その中に、洞窟の入口があった。PC88版のときにはこのへんはまったく手付かずだったんだよなあ。


試しに入ってみた。
Ice Cavernという洞窟・・・まあ、まんまですが。


しかし敵が強い。
最初に出会った敵にボコボコにされてしまう。
・・・後回し。


城も見つけた。なぜか城の中に切り替わらない。いきなり会話で、Lord Haartに謁見。
「なんちゃらを探してこい」とかいうクエストなんだが、もちろん引き受けない。

ちなみにクエストは1と同様に、同時に一つしか受けることができない。


あ、C-2のしょっぱなで出会ったペガサスに再会。
「私の名前は?」と聞かれるも、まだ見つけてはいない。

・・・でもPC88版で見つけているのだよね。


答えは一緒でした。(見つけたというフラグは無いんだな)
まあ順番は逆になるが・・・10万goldを獲得。


B-1はあっさりと完了。
Ice Cavernがまだだけど、あんまりポイントが少ないエリアだ。


A-2に戻ってきた。
山の中で、Swordを守っているやつと戦うか問われた。
・・・勝てんのか?


なんと勝利。
意外。勝てた。

つうかだな、PC88版にこんなやついなかったが、どうなんだそれは。


Valor Swordを獲得。
・・・これはあれだ。まだ後の話になるが、ある城のクエストアイテムだな。


その近くには、Sarakin’s Mineの入口が。
これはPC88版でも終わらせてなかったような気が。


Sarakinが登場して、歓迎される。「Leave my home ore die!」とは・・・


やはりSarakinは強い。
一緒に出てくるApparitionもGhostもVampireも、かなり曲者だ。

いまは勝てない。後回し・・・


このダンジョンのある場所では、Sir Kill と Jed I という傭兵を救出できた。
Jed Iってジェダイだろうか・・・


A-2では、Pinehurst城はろくに探索してない。後回しにしてしまった。
とりあえず地上を全部踏破するほうを優先しようと思う。