続Might and Magic II 攻略#23


長い旅であった。
OrbとTalonを手に入れたので、あらためて800年にむかおう。


以前にも書いたけど、Daysが前に来たときから続けてカウントされるのです。
戦闘数もAmiga版はカウントしているしな・・・まさかPC88版では、このDaysもカウントしないのでは・・・?(未確認ですが)


Elemental Orb と four Elemental Talons を得たKalohn王は、Mega Dragonを倒した。
歴史を変えることに成功した瞬間である。

100年後に、Luxus Palaceで会おうと言われた。
人間なの?この人は。


早速元の世界に戻り、Luxus Palaceへ。


Kalohn王は玉座にふんぞり返り、「Square Lakeへ行け!お前らが頼りだ!」と言う。
パスワードも教えてくれた。

Square Lake・・・?
なんでしょう。


Square Lakeとは、C2の湖にぽつんと浮かぶ島にある、ダンジョンのことだった。
C2エリアは、最初の街であるMiddlegateがあるが、Corak’s CaveやSquare Lake、そしてCastle Xabran(9世紀)があるという・・・
今になって思えば重要な場所だった。マップとして良くできていたな。


Square Lakeへ。
ここは、ひたすら一本道です。


曲がり角に敵が出るポイントがあり、避けようがない。
とりあえず倒して、休息して、また次・・・の繰り返し。


こちらのヒットポイントが高いので、敵もどっさり出てくる。

基本的な戦闘スタイルは、Archer2人とSorcerer1人はDancing Swordを連発することでなんとかする、というやり方である。
ただ、3人がいっぺんに連発するとSPが尽きたときに後半が危険なので順番にやる。

たとえばArcherがDancing Swordを唱えているあいだは他の人は普通の攻撃だけする。
それでも1ターンに15匹くらいは倒せるわけだから、敵は反撃してこない。
それを繰り返してSPが尽きたら次の人がDancing Swordを開始。

そんな感じでやってれば、まず負けない。敵に一回も攻撃をくらわずに終えられる。


ただ、このやり方はDancing Swordを仕掛けたときにバタバタっと10匹が倒れてくれる場合に限るわけだ。
このSquare Lakeでの難所・・・66 Devil Kingsが待ち構えているという場所。


ここで戦うことにすると、実際に66 Devil Kingsとの戦闘になるが、こいつらがかなり強い。
画面によれば相手を1匹も倒してないのにこちらは二人がやられている。

ちょっといきなり強すぎて途方に暮れてしまい、どうしたもんかと考えた。
まあ無視すればいいんだが(戦う、を選ばなければ良い)・・・

もしこいつらを撃破しないとラスボスに会えないのであれば辛かったな。

次回はラスト。ずばりエンディングですので見たくない人はご注意を・・・