続Might and Magic II 攻略#21


Clericのプラスクエスト。目的は、Corak’ CaveでSoulをBodyに融合せよというもの。


まずは一度使ってなくなったAdmit 8 Passを入手するために、Sandsobarの地下に行く。
ゾンビがまたくれた。


Admit 8 Passを利用してドアを抜け、奥へ。
ここからはClericとRobberのみで。


最奥部にはバリアで進めない。そばにあるこの場所で、バリアを解除できるんだが、この時点でClericとRobberのみでないと駄目なのだ。
Corak’s Caveは、一度下見をしておいて敵が出現する場所をメモしておかないと危険。


やっぱりこのプラスクエストにもボスっぽいのはいた。
Crypt Fiendは特殊攻撃をしてくる強敵です。

Crypt Fiendを見た瞬間に、「あ、こりゃ無理だ」と思った。
ので、「Holy Word」の呪文。

一年歳をとるという副作用があるが、すべてのアンデッドを破壊する。勝利。
なんだHoly Word使う機会があったな・・・


Corakを復活させた。
これで残るプラスクエストはSorcererのやつだけだ。


Ninja、Clericのプラスクエストを終えて、Sorcererだけってきついんじゃないかなあと感じた。
なので、傭兵のSorcererを少しだけレベルあげする。
Dragon’s DominionでAncient Dragonを倒し、一気にレベルをあげた。


Sorcererのプラスクエストの内容は、二人の魔法使いを二つの塔から救出しなさいってことだ。
なんでSorcererのときだけ、こんな凝りようなんだろうね。

一つ目の塔から攻略。


なんだろうこのメッセージ・・・
そもそもこの塔については、ほかでヒントメッセージを得ているのだが。


ドアがたくさんあり、それぞれに番号が振ってある。
間違ったドアの向こうには敵がいる。(敵がいるだけで、やりなおしってことではない)

何をもって正解となるのかは、さっきのメッセージから推理するのだろう。
でも、ずばり回答となるメッセージをこれまで見つけているので、なんてことはない。


一度だけ、避けて通れない戦闘。
やはりSorcerer一人だけでは苦労するかもしれない。

というのも、Amiga版の戦闘においては、先頭の10人を殲滅しただけは反撃を食らう。後続が繰り上げになるけど数名は戦闘する権利をもってるというか。
上の画面でいえば、Melting Man から Trickster までの10人を倒しただけでは、後続のTricksterが反撃してくる。
そのときに特殊攻撃とかを食らうと危険で、もし先頭から15人くらいを倒しておけば、後続は反撃できない。

だからDancing Swordなどで殲滅できるのであれば、1ターンに2回唱えられる体制であれば(なおかつスピードで勝っているなら)、敵からいっさい攻撃されないで勝利できるということです。


奥には救出すべき魔法使いがいる。


アクセスコードについては、まったくのノーヒントだなあ(この塔の中では)、たぶん。
これまでの冒険のなかでヒントメッセージがありましたが、あれを見落としてたら駄目ってことなんでしょうかね。


魔法使いを助け出した。
ここで助け出されたYekopは、もう一人のYbmugを助けてこいという。・・・お前が・・・


もう一方の塔に。
まったく流れは同じです。


もうまったく同じような展開なので、割愛。
偶数のドアを連続であけていくところが奇数に変わるくらいです。
(evenとoddが偶数と奇数っていうことはわかるんだけど、文としてわかってません)


これでプラスクエストがすべて終了。
思いのほか、早かった!
もうここですべての傭兵を育てていかなきゃいけないのかな?とか予想してた。
(こんな少人数でいけるんなら、補欠人員用の装備とかとっておかなくていいわけだ・・・現パーティに装備できるものでない限りどんどん捨てていけばよかったんだな・・・)


プラスクエストも終わったので、元のメンバーに戻します。


Mt.Farviewへ。
経験値ボーナス500万!!すばらしい報酬ですな。

そして・・・


プラスの称号が、各キャラクターの職業横についた。
(画面の一番右上)

これで残すはElemental Planeくらいか・・・?
終盤の予感。