続Might and Magic II 攻略#13


冒険を始めて二年目、901年に入った。
これを書いてて気づいたんだが、PC88版って901年スタートなのな。このAmiga版は900年スタートなのです。
どうしてなんだろうね。


とりあえずは・・・スペシャルメニューをすべて食い尽くすことに。
メニューについては、PC88版でも翻訳(推測含む)している。


スペシャルメニューの旅はMiddlegateの街から順番に。
ついでに、マーレイリゾートの切符を買っておく。


このへんはPC88版ともかぶるので、さくさくっと。
Sandsobarの酒場でスペシャルメニューを食うと、傭兵が名乗り出てくる。


Vulcaniaの酒場では、スペシャルメニューを食べると戦闘になり、勝利するとやはり傭兵が名乗り出る。


スペシャルメニューをすべて食べ(しかも病気にかからないで)、A3へ。
グルメ氏がいるところに。


・・・まあ、しょぼい経験値ボーナスではありますが。
PC88版ではこんなボーナスあったっけか?(グルメ氏がいたのは覚えてるけど)


ついでではあるけど、A3で勝てなかった敵。
海の真ん中でアンデッドばかり。なんでしょうか。


かなり楽勝。やっぱり先制できるのは大きい。
でも何かイベント込みかと思ってたけど、そうでもないようだ。ただ、敵がセットされてただけ・・・?


B2にて。
Cuisinartが3匹。強敵です。


なんとか勝利。こいつ強いなあ。
おお、なんだこの経験値!

しかし強敵だ。みなヒットポイントをかなり削られてるのがおわかりいただけるだろうか。
あ、あとこいつは結構いいアイテムを落とすようなので、これで経験値稼ぎをするのはいいかもしれない。


B4。この敵はね・・・ヒットポイントがかなり高めじゃないと辛い敵。
以前はさっぱり勝てなかった。


さすがに勝てる。


この戦闘のあと、呪文をゲット。
でも使ったことありませんが・・・わりとそういう呪文が、このゲームは多い。


C3。なんとなくマーレイへ。
さすがにAmiga版といえども、船が登場することはなかった。


でも乗船してから自動でマーレイ島へ向かっていく(これはPC88版もそうだった)のだが、途中でアナウンスが入るのですな。
これはB3に差し掛かったとき。


マーレイ島では・・・まあPC88版とも同じですが。
若返りの温泉だけど、5歳しか若返らない。・・・そうだったっけ?ここって一回しか使えないのじゃなかったっけ。

マーレイの洞窟には、後で来ることにしよう。


C1。ここにもいくつか遣り残したことがある。


Atlantiumの酒場で、Devil’s Food Brownieを食べてから、ここへ来ると敵が出現。
Grim Reaperって即死の呪文を唱えるから嫌いだったなあ。今は先制で殲滅できるけど。


勝利すると、その即死の呪文を入手。
・・・でもこれも使わないなあ。まあいいんですけどね。


またC1の最北部にはGhostが出現する場所があるが、このGhostがかなり強い。
・・・通常エンカウントするGhostって敵と違うんじゃないか?

こいつに勝利すると、Corak Soulを入手。
僧侶のプラスクエストでの必須アイテムですな。


またC3。Druid Pointはクリアしたんだが・・・


こいつ。
Tundaraの酒場で、Red Hot Wolf Nipple Chipsを食ってからここに来ると、なんでだかよくわからないが呪文をくれる。

Nature’s Gate・・・これも使わずじまいだったなあ・・・今になって気づいてみると。


C4にて。
Atlantiumの酒場で、Lightly Sauteed Tongue of Toadを食べてから来る。

ヒントっぽいことを言うのだが・・・考えてみればPC88版でも経験値をくれたとか、そういうこともなかったんだよな。


D4で、Hillstone城へ寄ることに。
クエストを達成できているのだ。


地上をすべて踏破した結果、自動的に達成できているクエスト。
3匹のビーストを殺せというものだ。100万Expかあ。1,000万くらいは欲しいですなあ。


さて地上の遣り残しはそのへんで置いておくことにして、次は城まわりを埋めていきますか。
Hillstone城は地上はもう終わりなので、地下に向かうことにする。