Might and Magic II 攻略

「Might and Magic II」を攻略する。Iのデータを移行できるので、ちょいと不本意だがPC88版でいくことにする。
(他機種版に比べて、PC88版は良くない気がする。でもIのときに何も考えてなかったのだ。まさか解くと思ってなかったしなあ)

今回は、今までと違い、ゲームを進めながら少しずつ書いていくことにする。
なので以前にもましてあっち行ったりこっち行ったりすると思うがご容赦いただきたい。


なんか・・・なんだろう、このショッキングピンクは。
思わせぶりなタイトルグラフィックだが、なんか意味があるのかどうかは解いたあとにわかることだろう。


さてIを解いたデータがあれば、このIIに転送できる。
せっかくのシステムなのだし、活用させてもらいましょう。Tを押してTransfer Charactersを開始。


レベルは7にされた。持ち物はなし。
どうなんでしょうね。確かに序盤が非常につらいゲームだろうから、レベル7からスタートできるのは非常にありがたいというか。
ゴールドは1000でジェムは100か。もうちょいお金は欲しかったが・・・

Skillってのがよくわからない。新しいシステムのようだ。


いっぺんに6人を転送させると順番が狂うことがわかったので、一人ずつ転送し、このような状態にして、おもむろにスタート。
パーティ構成は前回のままなので、Knight, Paladin, Robber, Archer, Cleric, Sorcerer の6人。かなり基本的な感じ。


Middlegateの町からスタート。さあ・・・長い旅が始まるわけです。

Iのときとえらく画面構成が変わっている。
なんかそれぞれが小さい。アイコンがたくさん配置してあるが、別にマウスオペレーションなわけではない。
A?Zと1?0のキーボードを使い進めていくのです。

まあアイコンのそばにキーが表示されているのが本当に救いだ。
アイコンもそれぞれ理解しやすいとは思うが・・・

この当時って、こういう画面構成が流行ってたのかねえ。容量とか速度とかの兼ね合いだったのでしょうか。


コーラックの霊魂・・・そういえばそんなやつがIにいたな。
そもそもなんでこの世界で幾多のクエストに挑戦しなければならないのか?そういうことはこいつは語ってくれない。

ただストイックに進めるのみである。


持ち物がまったくない状態ではじまるので、まずは武器防具屋で装備をととのえる。
Wizardryみたいに、装備できるかできないのか、買う段階でわかればいいのになあ。


僧侶の呪文は教会で購入する。えーそうなってんすか。一つの町で3つ購入できるようであるが・・・
キャラクターを転送してる時点で、いくつかの呪文は覚えていた。どうも町で購入できる呪文は未修得の状態からはじまると考えていいのだろうか?


鍵屋で、500ゴールドで買うか?と唐突に聞かれて購入したのは、Green Key・・・
なんだろう。とりあえず買っておこう。


魔法使いのギルド?に入るためにお金を出せという。
まあ払うのはいいんだが・・・


地図作成のスキルを覚えた。スキルか。誰に覚えさせるか?というところでちょっと悩んだ。今後の展開がどうなるのかわからないが、たぶん魔法系にも戦士系にも、それぞれ必須のスキルとかはあるだろうし、成長が中途半端になりそうな(魔法も覚えるが戦士系の)「Paladin」と「Archer」は決め手のスキルがないんではないか?と推測し、Paladinに地図作成スキルを覚えさせることに。

あ、そういえば前作では職業が漢字表記だったんだけど、そこではKIMMYが騎士、407が戦士 だったんだよ。なんでそれが今作になるとKIMMYがKnight、407がPaladinになるんだ?

あってるのかもしれないが、PaladinとKnightでどっちが騎士かっていうとPaladinな感じなんだが。


ギルドに加入していると、呪文を購入できる。僧侶系は寺院で購入だけでいいのに対して、魔法使い系はいったんギルドに入るために金を出し、さらに購入でも金を出すという・・・
この2では、補助魔法ってどれくらい有効なのかわからんなあ。1ではそんなに使ってない。もうひたすら殺戮能力のある魔法のみ使っていたような気がする。
しかし射手にも「Awaken」くらいは覚えさせておくことにする。


装備も整えたし呪文も購入したので、敵と戦ってみる。
これが戦闘画面。1では先頭モンスターのグラフィックが大きく出て(これがまた味があって良かった。グラフィックがああじゃなかったら、やってなかったと思うくらい良かった)いたのだが、2では大きく変更されている。全部のモンスターが表示されている。自軍のグラフィックで同じものがあるのは種族が一緒だからか。

戦闘がはじまるとお互いの攻撃をアニメーションするんだが、これオフにさせてくれる機能が欲しかったなあ・・・
もうかったるいったらない。


なんかマルチウインドウっぽいゲームなんだが、ちっともそういうことはない。その都度書き直す(しかもディスクアクセスあり)ので、ゲーム全体がかなり時間がかかる具合になっている。


この敵の場合は「Nothing Here!」だったが、戦闘が終わるたびに「S」キーを押して探すと宝物が得られる。これは1と同様ですな。


こんな風に「Small Pouch」が見つかったりする。ポーチじゃなく箱だったりする場合もあり、このへんは敵の強さによって違う。これも1と同様ですな。


宝物にはワナがしかけられている場合もある。レベル7から始まるというのは非常に楽だ。僧侶は「Cure Poison」「Cure Disease」を覚えているし・・・
レベル1からだとしんどいだろうなあ。


レベル8へはかなり遠い道のりのようだ。一回の戦闘で500くらいしかもらえてないしな。
経験値をためて、トレーニング場で金をはらってレベルアップするというシステムも前作同様。


エージェントのジェーンというのがいた。こいつが・・・キャンセルしようとすると敵が出現し、敵を倒すとまたジェーンが現れ、断るとまた敵が出現し・・・の繰り返しだった。なんだろう?しょうがないので申し込むことにすると、今度はいきなりファーストクラスの代金をとられた。
なんだろう?


前作と同様に、闘技場というものがある。ちょい強めの敵が出て、それなりのお宝をもらえるわけである。
しかしレベル7になってる時点ではもう必要ないかな?はっきり言って勝てない敵ではないし・・・ここで経験値を稼ぐくらいなら、世界中を旅したほうがいいような。

ここで得た「Red Ticket」ってなんだろうなあ。

とりあえず、一通り導入部を紹介したところで、それではいよいよクエストに入るとしよう。

 
→ Might and Magic II 攻略#1

 
マイト・アンド・マジック エレメンツ【CEROレーティング「Z」】

マイト・アンド・マジック エレメンツ【CEROレーティング「Z」】
ストラングルホールド NINJA BLADE(ニンジャ ブレイド) Hunted: The Demon's Forge(発売日未定) Dragon Age:Origins ダンテズ・インフェルノ ~神曲 地獄篇~
by G-Tools

[child_pages width=”33%”]