Might and Magic I 攻略#30


やってきたアストラル・プレーンのドア。
そうか、ここ、DIAMOND KEYが無いとあけられなかったのか。

ということは、あの氷の女王の質問は絶対に通らざるを得ないクエストだったのだ。・・・


さてこのアストラル・プレーンなんですが、バリアーだらけの構成となっている。
バリアーが壁を意味していて、マッピングしにくいったらない。
おまけに一方通行のバリアーとかもあるし。


いくつか、ドアがある。
でも、バリアーの壁により、まわり道をしないとここまでたどり着けないことも。


なんだこれは。
このあと、ソーピガルの町に飛ばされる。


キーカード・・・
これは、ボルカニックの洞窟で、神からもらったやつか。

まあ、でもどうやってこの扉を超えるかというと、先ほどのソーピガル強制飛ばしの装置が鍵になっているのである。ほかのとあわせて全部で5つあって、すべて動作させればよい。

ほかのエリアに行くと、固定敵とかリセットされるもんだが、この装置を動作させたかどうかは、ちゃんと記録されているみたいだ。


途中でレベルもあがった。


そして、さほど苦もなく、すべて動作させた。
先ほどのドアに向かう。


ここからは、ただ、連続でご覧いただこう。


どうみても、終わりの雰囲気である。あっけないが、昔のゲームってこんなもんだ。

そうか。これで終わりか。・・・

スコア25684点というのは、このパーティはまだ終了していないクエストもたくさんあることから、ずいぶん低いポイントなのではと思う。

ただ、経験値ボーナス50万というのは、すごい。
メンバーはこれまで50万くらい経験値を稼いでいたのだ。だからいきなり倍になった。
レベルはいくつ上がるだろうか・・・

別世界というのは、そのままずばりMM2を示しているんだろう。

・・・

いや、それにしても、やっとクリアという感覚。
MSX版をやったのは、随分と前であったのだ。

解くのにすげー時間かかるゲームとか聞いていて、ヒントらしいものもなく・・・という膨大なボリュームを感じさせるゲームだった。日本で解いた人は結構いるとは思うけど。

walkthroughがあったから、解けたのだと思うよ本当に。
二ヶ月くらいかかったか。

・・・

さて、本当ならすぐにMM2に入りたいところなんだが、画面を見てもわかるとおり、魔法使いは魔法レベルがマックスでもないし、解いてないクエストはたくさんある。

もう少しだけ続けてみる。
でも飽きたら、すぐ2に入ると思うが。