ソウ2(SAW II)

ソウ2(SAW II)

「ソウ2(SAW II)」を観た。

Saw II

何度か観てる。俺はこのシリーズでは2が一番良いという感想。理由は、1を拡張しようとする世界観の始まりがしっかり説明できているのと、あと2自体の大仕掛けが綺麗。
2でいまいちだと思うのは謎の館に閉じ込められた人たちのキャラクターの薄さだろうか。それぞれが集められた理由ってのがふんわりしている。

ジグソウの仕込みが続くシリーズ第2弾。今回は謎の館にて閉じ込められた男女8人物語と、それを見守る捜査チームと。男女8人物語のほうは、最終的に脱出のためのキーアイテムが有効に生かすことができなかったので謎が残った。捜査チームのほうはジグソウの言うことを聞いていれば良かったのに…という悲しい結末。

ジグソウ役のトビン・ベルはもちろん続投。アマンダ役のショウニー・スミスが謎の髪型で登場。ゲスト的にドニー・ウォールバーグが刑事役で登場。ドニー・ウォールバーグって今では完全に弟のマーク・ウォールバーグに追い抜かれた感じだが、当時はニュー・キッズ・オン・ザ・ブロックの後に役者になって「シックス・センス」「ドリームキャッチャー」などで印象的な爪痕をのこしており、かなりゲストスター扱いだったような。

一番最後の1に帰結するようなラストも綺麗だし、このへんで終わっておけばよかったのに…という気すらしてくる作品であります。このシリーズに興味があるなら、せめて2までは観てもらいたいと。

注射器のシーンは強烈だ。あんなきついシーンもなかなか無い。