2011年 今年手をつけたゲーム 手をつけてないゲーム

昨年末にも「2010年 今年手をつけたゲーム 手をつけてないゲーム」のようにまとめているので、今年もまとめてみる。

2011年はとんでもない年だった。世界も世間もそうだったが、自分に関しても色々あった。

まあそれはいい。
ゲームについては、あんまりやらなかったなーと思ってたが、まとめてみると色々とプレイしてたんだなと思った。

ところで昨年末は「Minecraft」にずっぽしはまってたが、なんと驚くことに今年はほとんどプレイしてないのですね。飽きたってわけじゃないし、アップデートも頻繁だったようなので飽きさせない工夫がされてたと思うんだ。オンラインはやらないので面白さを知り尽くしてるわけじゃないだろうが。
でも、2011年に入ってすぐ、「Minecraft」はパタッとやらなくなった。なぜかというと、このゲームに関しては時間をずーっと使うわりに、生産性がほとんどゼロというか…焦ってくるんだよね。気が付くと1時間2時間くらい軽くやってしまうんだが、これで何を得られたのだろう…と。
それで、これやってるとヤバいなと思い、パタッとやめた。まあゲーム全般に生産性があるかと言われるとそれまでだが。

クリアするゲームなり、やり込みのゲームなり、何かしら目的と終わりがある。そういうのは達成ポイントもあるので良いんだが、「Minecraft」のようなゲームはずっとやるだけになってしまうので、時間が限られたゲームプレイには辛いものがある。

 
あと、下記のまとめにはスマートフォンやタブレット関係のゲーム(つまりはiTunes StoreやAndroidマーケットなど)には触れていない。ここもまとめるとキリがない。

 
まずダウンロード型、Steamから。

Penumbra: Black Plague – Gold Edition
ホラーアドベンチャー。Gold Editionは、「Penumbra: Black Plague」と「Penumbra: Requiem(追加シナリオ?拡張パックらしい)」のセット。安かったから…とはいえ、前作の「Penumbra: Overture」はHumble Indie Bundleで実質タダで入手しているにも関わらずプレイしていないという…このBlack Plagueもやはりプレイしていない。
というか、このシリーズはFrictional Games社の作品だが、Humble Indie Bundleも同社のプロジェクト。

Amnesia: The Dark Descent
これも上記Frictional Games社による新作ホラーアドベンチャー。発売から数か月でディスカウントで数ドルとか凄いなあ。
ちょっとだけプレイした記憶がある。が、思いのほか動きがもっさりで、プレイ意欲が薄れてしまった。

The Misadventures of P.B. Winterbottom
安かったから買ったのだろう。アドベンチャー?プレイしてないから何とも言えない…クリエイティブに惹かれたのかも。

Terraria
ポストMinecraftの評価も高かった、サンドボックス型アドベンチャー。

trailerを観ただけで「うわー面白そう」と飛びついた。少しだけプレイ。
操作感覚に慣れることが出来ず、またMinecraftをプレイしなくなったのと同じ理由もある。世界がどんどん作られ続ける作品は途中で疲れてくる。

Nimbus
アクションパズル。横視点でカーソルでゴールを目指す不思議な操作感。

そういえばこれ買ったなあと、今まとめてて気づいた。買ったときは少しプレイしたが、いつの間にかやらなくなった。何でだろう。
これはXbox LIVEアーケードで出てくれりゃあなあと思う。

S.T.A.L.K.E.R. Clear Sky
S.T.A.L.K.E.R. Shadow of Chernobyを持ってて(これは少しだけプレイ)、続編のClear Skyを持っていないながらも最新作のCall of Pripyatを買ってしまったのが昨年末のことだ。でも起動すらしてない。で、今年に入ってClear Skyの発売が再開されたようで、しかもセールで75%オフとかになってるのでとりあえず買ってしまうわけだ。恐るべし。
でもやっぱり起動すらしてない。これは寄付行為だよなあ。

Prince of Persia Complete Pack
今はComplete Packは無いみたいだが…内容は、Prince of Persiaのシリーズで、「Prince of Persia」「Prince of Persia: The Forgotten Sands」「Prince of Persia: The Sands of Time」「Prince of Persia: The Two Thrones」「Prince of Persia: Warrior Within」である。Sands of Timeについては以前、GOG.comでキャンペーンに当たって入手していたが、このComplete Packのリーズナブル加減に眩暈がして思わず購入。
しかし!起動すらしてません!

Portal 2
待ちに待ってたPortalの続編。

とはいえ発売後すぐ購入してなくて、セールで安くなったところで買った。これはクリアした。また、カジュアルなカスタムマップを色々とプレイした。

Portal2 カスタムマップ Patent Pending, Infinifling
Portal2 カスタムマップ Edifice, Delta Bunsen!
Portal2 カスタムマップ Cubes ‘n’ Funnels
Portal2 カスタムマップ The Sphere of Roundness, Old Faithful
Portal2 カスタムマップ DaMaGepy’s Portal 2 map
Portal2 カスタムマップ The Vault
Portal2 カスタムマップ Stylus 1
Portal2 カスタムマップ Eco Leaf
Portal2 カスタムマップ Synchronicity
Portal2 カスタムマップ Versatile Diversity
Portal2 カスタムマップ Cubi, Insane Cube Tricks
Portal2 カスタムマップ Mamba
Portal2 カスタムマップ Angrybombs
Portal2 カスタムマップ Motanum’s Main Four
Portal2 カスタムマップ Lost in Testing #1
Portal2 カスタムマップ Missing Geodome
Portal2 カスタムマップ Rainbow’s Competition Entry
Portal2 カスタムマップ Chamber Six
Portal2 カスタムマップ Variation Susceptibility Test
Portal2 カスタムマップ One in the Chamber
Portal2 カスタムマップ Speed Gel Is Fun
Portal2 カスタムマップ PMK 6
Portal2 カスタムマップ Overgrowth
Portal2 カスタムマップ Laser Funnel
Portal2 カスタムマップ Don’t Eat the Paint
Portal2 カスタムマップ Discouragement Encouragement
Portal2 カスタムマップ Wall Button and Box Racing
Portal2 カスタムマップ Diportals
Portal2 カスタムマップ Motanum’s Test 01
Portal2 カスタムマップ Cassata Chamber 1
Portal2 カスタムマップ Don’t Make Lemonade
ハーフライフ2 MOD Precursor
(ついでにハーフライフ2のマップも。いったいエピソード3はいつ出るんだ?)

かなりやったが、カスタムマップの世界は拡がり続けているので追い切れない。どれもこれもカジュアル規模で、連続マップのストーリー性のあるものは皆無だ。割と楽しめるものばかりだが、本格的なのもやりたくなる。前作Portalでいえば、「Portal: Prelude」であるとか「Underground Story」「Flash Version Mappack」などである。まあ2012年にはリリースされ始めるかもしれないね。

Defense Grid DLC
この「Defense Grid」自体は、購入したのは昨年だが、どういうきっかけが忘れたんだが今年になってプレイ開始。クリアまでやった。その後、Gold Medal取るのを目指したり実績を獲ろうとしたり、ときどきプレイしている。昨年は「タワーディフェンス系ってあわない」と言ってたが、あうのかも。

購入したDLCは、「Resurgence Map Pack 1」「Resurgence Map Pack 2」「Resurgence Map Pack 3」「Resurgence Map Pack 4」そして「You Monster!」である。
やり込んでくるほど面白くなってる気がする。時間も短く終えるのもよい。

Sanctum: Collection
これもタワーディフェンス系。Collectionは、膨大なDLCとかサントラとか入っててセールで6ドルしないとか、衝撃の安さである。
Defense Gridが予想以上にはまったので、俺もしかしてタワーディフェンス系に目覚めたかもと、同じく有名なタワーディフェンスである「Sanctum」をやってみたくなったのだった。
でもこれはちょっとなーという感じ。一面だけやってみたけど、何か燃えない。俯瞰できないからか、FPS要素に違和感があるのか…でもいつかやるかもしれない。

Dungeons of Dredmor Pack with Realm of the Diggle Gods
Dungeons of Dredmor」とDLC「Dungeons of Dredmor: Realm of the Diggle Gods」のパック。
これも今年の話題のゲームだったけど、買うきっかけがなかった。ホリデーセールでパックで2ドル弱とかねえ。タダみたいなものだな。
まだ起動してない。

i-Fluid
一昨年くらいか、えらく面白そうだなあと注目してて、でもこういうゲームはXbox LIVEアーケードで出てくれたらそっちで買うほうがいいかなあと思って待ち状態だった。
でも一向にそんな気配もなく、ホリデーセールで1ドルくらいだから、もういいかと。まだ起動してない。

Back to the Future: The Game
まーこれもいつか買おうと待ち状態だったが、ホリデーセールの誘惑に勝てず購入。
まだ起動してない。いつかやるだろう。

Gothic Complete Pack 2011
ArcaniAをいつかやりたいとウィッシュリストに入れていたが、ホリデーセールで全部入りで安かったので、とりあえずパックを購入。いつかやるかも。


Humble Indie Bundle 4
また買ってしまった。いくつかのカジュアルゲームのパックで、買値を自分で決める。主催・ディベロッパー・寄付の割合を自分で決める。PayPalでさくっと決済。DRMフリー。インストーラをダウンロードするもよし。Steamに登録してもよし。
買値が平均値を超えたらさらにボーナスゲームあり。買ったら買ったで後からメールで「サントラもダウンロードしていいよ」「Humble Indie Bundle 3のゲームもおまけするよ!」とか言ってくる。大盤振る舞い。
でも、まだどれも起動してない。

 
次に、GOG.com

Might and Magic 7: For Blood and Honor
Might and Magic 8: Day of the Destroyer
Might and Magic 9
Heroes of Might and Magic
Heroes of Might and Magic 2: Gold Edition
Heroes of Might and Magic 3: Complete Edition
Heroes Chronicles: All chapters
Heroes of Might and Magic 4: Complete
Crusaders of Might and Magic

GOG.comにMight and Magic シリーズが一斉に追加された。まだプレイするわけじゃないが、とりあえず買っとくかと。Heroesのほうもプレイするのか果たして不明だが、とりあえず。

Ultima 4: Quest of the Avatar
ちなみに、Ultima4は、無料ダウンロードになってて今も継続中。
興味ある人は落としておくとよいだろう。

 
次もダウンロード型。Xbox LIVE アーケード

Raskulls
そもそも、「A World of Keflings」と「ilomilo」と「Raskulls」はクロスオーバー企画でお互いに送客するという、えげつない広告行為をやってきた。
それぞれのゲーム内で別のゲームのキャラクターが登場したり、背景に登場したりする。「ilomilo」のキャラクターが「Raskulls」で使用できたり、「A World of Keflings」での特別な建物から出てきたりという具合だ。ゲームバランスに干渉はしないが、こういうクロスオーバーは今後もあるだろうなと思う。実際、買ってしまった。

ilomilo
これは面白かった。クリアまでやった
続編とか追加DLCとかないんだろうか。

Voodoo Dice
サイコロを転がして出口を目指したり、対戦でどっちが早いか目指したり。

子供が食いついていた。4歳でも理解できる単純ルール。これ、Wii WareやPS3でも出ていたのですね。いま初めて知った。

Shape Shop
これはインディーズゲームから。ピースをあわせて長方形にするとかの、よくあるパズル。インディーズゲームは数分プレイ可能で体験版の役割をしている。そもそもダウンロードすることも少ないし買うことはほとんどないのだが、これはインターフェースがわかりやすかったので、子供に良いかなと購入した。でも子供はやってない。

Pixelbit Helicopter Challenge
これも同上。ラジコンヘリコプターを飛ばすなんて子供が食いつきそうだなあと思った。
が、そこまで食いつかなかった。

From Dust
自然の地形を操作して、ちっちゃい民衆をゴールへ導く。ぱっと見るとシム系かポピュラス系かと思うが、割と自然の猛威はヘビーだ。

面白くて、クリアする気でプレイ続けてた。ある面(たぶん最後のほうだと思うんだが)で難しくて抜けることが出来ず、いったん放置状態に。
いつかプレイするかもしれないが。

Insanely Twisted Shadow Planet
エイリアンに侵略された母星を救うためUFOに乗り込んで潜入する。途中で様々なアイテムを得てパワーアップして切り抜けていく。がっつりメトロイド系。

こういうのはすぐ食いつく。プレイしてて面白く、クリアするまで続ける気だった。が、途中のボス戦で難しくて放置状態に。追加DLCもあるみたいでやりたいんだがなあ。

Fruit Ninja Kinect
色んな意味で話題になったFruit NinjaのKinectバージョン。iPadなどと違い、自らの手足をブレードに見立ててフルーツを切りまくる。
子供は当然のように食いついてたが、疲れるのか継続してプレイするという風にはならなかった。

Crimson Alliance
ハック&スラッシュ系のアクションRPG。そういえばこれあったね、と今になって気づいた。何でプレイしてないのだろう。

Orcs Must Die!
これはハマった。クリアまではやった
なんで追加DLCが出ないんだろう。PC版では続々と出てるのに。考えてみればSanctumと同じ分野だ。やはりTPSならコンソールコントローラでプレイしたいということだろう。

それと、「A World of Keflings」の追加DLC「It Came from Outer Space」もプレイしてクリアしました
こういう追加DLCは、そんなに感心できる商売でもないが、まあ安いからいいか…というくらいのものだ。
それ以外にも、いろーんな体験版をダウンロードしてるが、そこは全て触れない。体験版でじゅうぶん遊べるものもあり。

 
次もダウンロード型。PlayStation Store

wipEout HD
3Dブラビアを買ったときに、キャンペーンで無料ダウンロードできた。そもそも3Dグラスは買ってないが、2D版で遊べるので子供が食いついた。コースアウトしないのが良いのでしょう。

激走トマランナー
とりあえずPSアーカイブがどんなもんだろと試してみるために。

トマランナーはPSの頃、結構はまったなあ。面白かった。今やってみるとあまり響かないんだが。

The Lasy Guy
例の流出お詫びダウンロードの一本。クリエイティブに惹かれたが、ゲーム性そのものは並程度だった。
ちょっとやって、すぐプレイしなくなった。

おいでよロコロコ!! BuuBuu Cocoreccho!
同じく例の流出お詫びの一本。これはハマった。クリアはした
コンプリートまでは至ってないが、これコンプリートって結構大変じゃないかなあ。

SIMPLE500シリーズ Vol.2 THE 密室からの脱出
なんかFLASHゲームもテレビ番組もそうだが、謎解きして脱出するっていうのに子供のハマり具合が半端じゃないのだ。これも「あ、PS3にも脱出ゲームがあるんだね」と知って体験版をやってみて、結局は買うことになった。まあ500円ならしょうがないって感じだろうか。

Flowery(フラアリー)
これは良かったね。体験版をやって、結果的に購入。PS3を買ったらすぐにプレイするべきだった。
いちおうクリアした

PixelJunk シューター
これも体験版をやって面白かったので購入。クリアまでいった
2はまだやってないな。体験版ないからか。

そして、Wiiのダウンロード型については何も購入してない。
Wii Wareとか体験版もあるんだろうけど…そもそもWiiを起動してもそのショッピングサイトにすら行かない。
PS3とWiiが圧倒的にXboxに負けてる点はそこだよなあ…製品リリースのスパンはそう変わらないしタイトルによってはPS3でもXboxでも出てることもある。でもなんでXboxで買うのって、アーケードの場合はすべて体験版が用意されるからだ。面白ければそのまま購入してしまう。
加えてPS3のほうはストアが非常に使いにくいね。50音順で並べるとかなあ…

 
次はパッケージ型。Xbox360から。

Dance Central
買ったのは海外版。その後国内版もリリースされたよう。追加DLCとか出てるが、海外版に適用できるか不安なので試してない。続編も出てるがどうするかなあ…

LEGO Indiana Jones 2 The Adventure Continues
これは結構はまったね。LEGO系をひたすらプレイする先鞭となった。

レゴ バットマン
これは子供たちがハマってた。多分最後まではクリアしてないっぽい。

Split Second
体験版やって面白かったので買ったが、なんだかプレイしなくなった。もったいないからそのうちやろう。

LEGO Indiana Jones: The Original Adventures
鉄板のレゴ系。これも面白かった。簡単なうえにやり込み要素あり。

LEGO Harry Potter: Years 1-4
ハリー・ポッターは映画を観てないのでよくわからない。子供は面白がってた。
続編が体験版リリースされてるが、こっちを最後までやってない様子なので買わない。

LEGO Star Wars: The Complete Saga
これは相当プレイした。ほとんど集めたんじゃないかなあ。
子供たちも協力プレイを楽しんでたみたい。ここからテレビのクローン・ウォーズと本家レゴのクローン・ウォーズシリーズがリンクするという、まさにメディアミックスの戦略に子供は洗脳されてしまっている。

カンフー・パンダ
これプレイしてないなー。そもそも映画を観てないんだ。
途中までやって、なんか面白さを見出せず。

Disney Pixar Up
邦題「カールじいさんの空飛ぶ家」のゲーム版。あっっっっという間に終わって、びっくり。

 
次もパッケージ型。PS3。あんまりプレイしてないの多いな。

アンチャーテッド 黄金刀と消えた船団
シリーズ第2弾。そういえば第1弾はやってないな。
面白かったかもだが、あまりに一本道。

SIREN: New Translation
あのサイレンシリーズがPS3に。嫁がやるかと思ったんだがグラフィックが超進化してて引いてた。俺がやるのかっていうと、こんなストレス溜りまくりそうな操作感の悪いゲームはとてもやってられないなーと超序盤で思い知って、それ以来放置。

リトルビッグプラネット2
いちおう最後までやって、それ以来放置。子供たちは相当はまってた。子供たちがはまる要素って大体わかってきてて、「対戦or協力プレイができる(オンラインではなく、ローカルマッチ)」「着替え、コスチュームチェンジが出来る」「ステージエディットがあればなお良い」「さらにステージエディットの配置物に爆発の要素があればさらに良い」ということで、こういう自由度の高い砂場の遊び場みたいなのが用意されると、子供たちは笑いながらずーっと爆発させてる。

ゴッド・オブ・ウォー コレクション
これは驚くくらいプレイしなかった。期待が高すぎたのか?

アローン・イン・ザ・ダーク
これもプレイしてないなあ。この視点タイプって何て言うんだろう、画面の四分の一くらい主人公キャラクターが占めててFPSとTPSが融合したようなの。バイオハザード4みたいな。バイオハザード4やってないけどさ。この動きがもっさりしたの好きじゃないんだよねえ。
加えて、アローン・イン・ザ・ダークは、新しい操作ボタンが次々に出てきて、QTEぽいボタン押しゲームみたいで、何だこれゲームじゃねえな…と、放置状態。

バイオニック・コマンドー
あれこれもプレイしてない…なんでだろう。PS3だからか?
絶対面白そうと思ったものの、操作感の悪さがあまりにもで、雰囲気よさそうなんだけどとても最後まで続けられそうになく、早々に脱落。こういうの作ってる人たちって、他のゲーム(特に海外産の)をやってないのかなあ。

ワンダと巨像

前から興味あったし、HDでどんなもんじゃいと思った。
途中で放置状態。半分くらいやったと思うんだけど、何か単調な繰り返しだなあと思わずにはいられないのと、ゼルダとかに比べて何が優れてるのかさっぱりわからなくて…

アンチャーテッド 砂漠に眠るアトランティス
シリーズ第3弾。最後までやることはやった。でも正当進化ではなかった。なんか巨大な追加マップやってる感覚だった。輸送機のところは本当にホントに凄かったけどね!

 
次もパッケージ型。Wiiのソフト。

Wii Sports Resort
最初はうまくプレイできなくても、何度かトライしてるとできるようになってる。
でも疲れるのか、最近は放置してるみたい。

ディズニー エピックミッキー ミッキーマウスと魔法の筆
一応クリア。でも酷評です。

ゼルダの伝説 スカイウォードソード
面白かったね。面白かったけど、実はこの後、前作のトワイライトプリンセスを始めてしまっているのだがね。三度目の。

スーパーペーパーマリオ

ずーっと前に買ったが、その後売ったか何かで処分した。子供が面白がるかな?と、中古で買い直す。
それほど食いついてないみたい。クエストを読むのが面倒みたいだ。

ワリオランドシェイク

こちらも子供が食いつくかなーと思ったのだが、さっぱり。
大人がやるのには物足りない簡単さ。

星のカービィ Wii

これは子供が凄くはまってる。これかスマッシュブラザーズかどちらかだ。吸い込んで下キー押したら能力を吸収とか、もうシリーズ定番の操作に慣れているのだろう。

 
次もパッケージ型。DSのソフト。ちなみに3DSはまだ買うつもりない。

マリオvs.ドンキーコング 突撃!ミニランド
子供が面白がるかなーと思ったんだが、それほど食いついてなかった。
で、その後どこかに失くしてしまった様子。

怪盗ワリオ・ザ・セブン
これも同上で、子供が面白がるかなーと。
でもその後失くしてしまったみたい。ひでえ話だ。

ヨッシーアイランドDS
なんかのきっかけで中古で買った。これも失くした。

タッチ!カービィ
同上。これも失くした。

スーパーカセキホリダー
同上。これも失くした。

あつめて!カービィ

これは面白がってた。これは失くしてない。

DSそのソフトはほとんど失くしているのだが、どうも家族で出かけたときにカセットをごっそり入れてたケースごと失くしてしまったみたいなのだ。
それで現在は、あつめて!カービィくらいしかない状態。

 
何だかんだで色々買ってる。買ってはいるが、最後までやったのは少ない。
この傾向は来年も続くだろう。カジュアルゲームが素晴らしいとは全く思っていないが、オブリビオンみたいなゲームに臨むのは少し気合がいるってのも確かだ。だからSkyrimはまだ買ってない。

SteamとXbox360 LIVE アーケードだな。つくづく。
Steamは、圧倒的な品ぞろえと度々の魅力的なセール。Steamworksで常にアップデート状態にあり、クラウドでセーブデータも管理。レトロゲームながらWindows7に対応。
Xbox LIVE アーケードは、体験版で全て試せる環境。据置き機ながらカジュアルゲームのツボを知ってる感じ。ゲームズオンデマンドがもう少しバリュープライスなら、パッケージがいらなくなるなってくらい。

個人的には、今年はWindowsXPのデスクトップPCからWindows7のノートPCに環境を変えたのである。そんなときでもSteamやGOG.comのゲームは不便なく利用継続できるのだ。MM6だっていちいちDosBoxとか調べる必要もない。

そういえばMM6は止まってるなあ…

セーブ履歴やキャプチャ履歴からみると、4月くらいに半年ぶりに数日プレイし、6月と7月に数日プレイしている。延べ五日間くらいしかプレイしてないだろう。そんな2011年。Tomb of VARNの攻略が終わり、Paradise Valleyに侵攻している。そんな状態。

こりゃ…MM9に行くまで何十年かかることだろうな。