スウィンドル 強奪計画

スウィンドル 強奪計画

「スウィンドル 強奪計画」を観た。

トム・サイズモアの騙しあいクライムアクション。テレビムービーっぽいけど。

トム・サイズモアたちが銀行強盗するんだが、実は潜入捜査の身で、それで強盗たちの間には疑心暗鬼があったり騙しあいがあったり、で、親玉のシェリリン・フェンは…というような話。

トム・サイズモアはもはやこういうのがタイプキャストなんだろうけど、実に似合っている。
映画のほうは、可もなく不可もなく。無難だけど印象には残らない感じ。いい場面もあったりするので、なんかもったいない。

 
それにしてもシェリリン・フェンは年をとった。ツイン・ピークスのときは20代で鮮烈だったのに。
(まあ、その後の「ボクシング・ヘレナ」もなかなかそこそこに強烈だったりするんだが。あと「トゥー・ムーン」も)

メッチェン・エイミックもキッドナップに出てきたりしてびっくりしたもんだが、もう一花咲かせてほしいものです。