そして扉が閉ざされた

そして扉が閉ざされた

岡嶋二人「そして扉が閉ざされた」を読んだ。

なかなか面白かった。
男女4人がシェルターに閉じ込められる。その原因が、ある女性の自殺に関係してるのじゃないかと気づく。そして、もしかして自殺じゃなく他殺じゃなかったのか、ということになり、誰が殺したのだということになる。

理論進行なので、石持浅海っぽい。実に。
(「扉は閉ざされたまま」がオマージュということか)

真実は何だったのかとか、誰がやったのかとか、ハードルを上げてたわりには綺麗にまとめたと思う。面白かった。
そうか、岡嶋二人の読むんだったら、これから読んだほうがいいわけだな…

 
映像化が向いてる作品だと思うが、…されてないんだろうか?