エアベンダー

エアベンダー

「エアベンダー」を観た。

The Last Airbender

M・ナイト・シャマランの最新作。世間をびっくりさせたクオリティの低さでいよいよ危ぶまれるシャマランの将来だとか。そんなニュースばかり耳に入ってくる。

この前「サイン」を観たときもそうだが、シャマランの作品はすべて再評価してしまったのである。「アンブレイカブル」にしても「サイン」にしても、これまで面白くなかったなあという作品が、今になって観てみると、かなり面白い。これまでのM・ナイト・シャマランの作品はすべて俺の好みであったことは散々書いた。

しかし、しかしこの「エアベンダー」だが、これは観てて辛かった。最終的に面白くもなんともなかった。派手なCGではあるが、話に何の魅力もなかった。また、エピソード形式だが繋ぎ方が雑で、どうでもいいような太極拳みたいな踊りは長回しだし、メリハリがさっぱり。

あと、使命感ていうのかなあ。どのキャラクターがどうなったらゴールなのかが明示されないんだよなあ。具体的には、目が死んでるというか、表情や台詞から、お前どうしたいんだよという感情が伝わってこないというかね…言わされてる感だったり、理解してないんだろうというか。

続編があるようだが、これは厳しいのではないだろうか。
ちょっとシャマランどうしちゃったのだ。というのが正直な感想。