ライラにお手あげ

「ライラにお手あげ」を観た。

原題は「The Heartbreak Kid」で、リメイクとのことです。
ベン・スティラーとミシェル・モナハン。ライラを演じるのはMalin Akermanという人で、「ウォッチメン」のコスプレの人と知るのは後のことだ。

まー中身の無い映画っつうか、コメディだからねえ。かなりR指定な感じで緊張感もあり。ミシェル・モナハンのスタイルの良さは半端じゃないな。Malin Akermanもそれなりだが。

ベン・スティラーがつい弾みで結婚してしまって、その相手がライラで、いざ結婚してみると夜の生活は凄まじいし、インカムもめちゃくちゃで、ベン・スティラーは参ってしまうのだがそこに現れるのが素敵なミシェル・モナハンという話だ。
だから不倫コメディみたいな感じだが、Malin Akermanに同情しつつもバカバカしい映画になってる。

最後のほうまで適当な映画だなあと思って観てたが、最後の最後、ほほーと締めてくれた。
ちょっと最後は感心してしまった。コメディなのに。