ONCE ダブリンの街角で

ONCE ダブリンの街角で

「ONCE ダブリンの街角で」を観た。

once

「ONCE ダブリンの街角で」を観た。

アイルランド映画なんですか。昔の映画かと思いきや2007年の作品だそうです。
アカデミー賞歌曲賞も受賞している。

ストリートミュージシャンやってた男と、それを聴いてた女が出会い、よくよく聞いてみると女はピアノキーボードが出来るということで、楽器屋で軽くあわせてみたらいけてるので、じゃあCDプレスしようということになり、他のストリートミュージシャンにも声かけて、それで収録して。男は俺は都会へ行くよ的になって。女は出て行った旦那が戻ってくるから…という感じで、くっつきそうでくっつかない男女の仲もあって。
ていう話。

邦画でもありそうな話ではあるし、邦画だったら見ないジャンルだが、この「ONCE ダブリンの街角で」は面白かったのです。なんか良かった。
もう、雰囲気映画に終始してるけど、その雰囲気が良かった。アイルランドだからかなあ。寒そうで、少し貧しそうで、というのと音楽に入魂するところと、その街並み。考えてみれば邦題もなかなか秀逸なのだろう。

後からWebを色々見ると、そもそもアーティストの二人のための映画ともいえるし、それでもクチコミによるスマッシュヒットになったというのも頷けるし。
つくづく最初っから最後まで思ったのは、音楽の力はすげえなあということである。そこそこな話とかテンポとか撮り方とか、音楽の力で何倍にも見栄えがよくなるというのは、すごいな。
だから、そういう音楽の力に賛成できないというか感情移入できないのであれば、この映画は難しいかもしれない。批評も様々のようです。

でも面白かった。良い映画でした。
サントラを買いたいと思った。

 

ONCE ダブリンの街角で デラックス版 [DVD] ONCE ダブリンの街角で デラックス版 [DVD]

ワンス ダブリンの街角で オリジナル・サウンドトラック Once: Music from the Motion Picture Strict Joy (W/Dvd) (Dlx) Live From the Artists Den [DVD] [Import] Cost (Dig)
by G-Tools