極悪の流儀

「極悪の流儀」を観た。

オスカー・アイザックやマーク・ウォールバーグが出演するサスペンス映画。主演はギャレット・ヘドランド(「オン・ザ・ロード」に出演)という人で、オスカー・アイザックとは「インサイド・ルーウィン・デイヴィス 名もなき男の歌」で共演している。あと華を添えるのがルイーズ・ブルゴワンという女性で「アデル/ファラオと復活の秘薬」に出演しているが、観ていないのでわからない。

監督脚本はWilliam Monahanという人で、過去に「ロンドン・ブルバード LAST BODYGUARD」で監督脚本をやっている。あーあれかー…
基本は脚本の人のようで、「ディパーテッド」の成功が大きいようだ。その後「ザ・ギャンブラー 熱い賭け」の脚本を手がけている。その辺の繋がりなのか、本作でもマーク・ウォールバーグがちょろっと出演。

よくわからないストーカー劇という内容。ハリウッドスターのギャレット・ヘドランドが砂漠を車で飛ばしてたら事故ってしまいサバイバルで歩くことに。そして夜に謎の男オスカー・アイザックが現れ、二人は揉める。そこからオスカー・アイザックの執拗な追跡が始まり…みたいな話だ。

ほんと最初のちょっとしたコミュニケーションの食い違いからここまで壮大に殺し合いに発展するかよというストーカー劇。
正直なところ、そんなに面白いと思わなかった。役者陣の気迫はそこそこ伝わってくるものの、会話が決定的に面白くないですよ。ストーカー劇に振り切るんだったら会話そこまで必要じゃなくなるでしょう。でも何であんなにべちゃくちゃ喋るんだお前らはという内容なのだ。

もうちょいスピード良くやってくれ、そうでないと最近疲れ気味なんで眠ってしまうよ…というしょうもない悩みに葛藤させられる映画だった。あまりお薦めしない。これ観るくらいだったら「インサイド・ルーウィン・デイヴィス 名もなき男の歌」のほうがいいでしょう。

あわせて読みたい