ウォーク・ザ・ライン/君につづく道

ウォーク・ザ・ライン/君につづく道

「ウォーク・ザ・ライン/君につづく道」を観た。

Walk the Line

何の映画かさっぱり知らずに観たわけだが、これ実在の人物の映画ものなのな。ジョニー・キャッシュという人だそうで…知らないんだが。カントリーはわからない。

ホアキン・フェニックスがジョニー・キャッシュで、リース・ウィザースプーンがそのパートナー。
なんとこれでリース・ウィザースプーンはアカデミー主演女優賞を受賞してるのですか。ほんとかよ。これは…歌はちゃんと歌ってたけど、それほど目立ったもんでもなかったのでは。

まあよくある伝記映画というと身も蓋も無いが、その世界への憧れみたいなのがあって、チャンスをものにして、たちまち人気が出て、でも挫折もあり、ドラッグもあり、立ち直って老いて達観して。みたいな。

もう、そのへんのエッセンスはあるわけでして、そうなるとジョニー・キャッシュそっくりかどうかとか、鬼気迫る演技とか、そういうへんでお楽しみください的な映画になるのでしょう。ジョニー・キャッシュは知らないからなあ。

それにしても、妻がありながらリース・ウィザースプーンへ恋心全開なのは、奥さんが気の毒すぎるだろ。