マイ・ブルーベリー・ナイツ

マイ・ブルーベリー・ナイツ

「マイ・ブルーベリー・ナイツ」を観た。

ありゃーこれウォン・カーウァイですか。うーん。
ってことは、雰囲気映画なんだろうなと予想したら、果たしてその通り。

別に雰囲気映画が駄目とはいいませんが。
面白いストーリーならいいのになあ、という願望がついてしまうのは何故だ。

 
ノラ・ジョーンズが主演。あとジュード・ロウとかデヴィッド・ストラザーンとかレイチェル・ワイズとかナタリー・ポートマンとかが脇を固める。
なかなかのキャスティングだ。なかなかというか、かなり良いキャスティングかも。

でも雰囲気映画か。

 
ノラ・ジョーンズ以外が良いと思った。
普通すぎて霞んでる。ナタリー・ポートマンの横に並ばせるのは酷ではないかとさえ感じた。
なんかノラ・ジョーンズってファーストアルバムのジャケットの美人のイメージあったが実際にはヒラリー・スワンクみたいで、いや別にヒラリー・スワンクも頑張ってるとは思うけど、これだったらノラ・ジョーンズじゃなくてヒラリー・スワンクを連れてくるとか、もしくはナタリー・ポートマンが主役でもいいんじゃないの?と思わずにはいられないというか。

 
雰囲気映画で、短編集っぽく仕上げてあるが、ストーリーがちっとも面白くなかった。
10年くらい前の映画を観させられてる気がした。